HDR映像製作向けの高輝度仕様

キヤノン、SDIケーブル1本で4K/60P映像を伝送可能な業務用ディスプレイ「DP-V2411」

編集部:成藤正宣
2017年09月13日
キヤノンは、制作現場での映像確認やポスプロ作業に向いた業務用24型4K/HDRディスプレイ「DP-V2411」を12月上旬に発売する。価格はオープンだが、200万円前後での実売が予想される。

DP-V2411

4K/HDR映像製作環境に合わせ、標準輝度600cd/m2、ブースト機能を使用することで最大1,000cd/m2まで対応できる、直下型LEDを採用した業務用ディスプレイ。安定した輝度性能を実現し、表示する映像によって輝度が変動しにくい特徴を持つ。視野角は上下左右89度。

12G-SDIケーブルを用いれば、SDI端子でも1系統で4K/60P映像の伝送が可能

業務用機器で使用されている12G-SDI端子を8つ(入力4、出力4)、HDMI出力を1つ内蔵する。従来機種ではSDI端子で4K/60P映像を伝送する際、3G-SDIケーブルが4本必要だったが、本機では12G-SDIケーブルを用いれば1本で伝送が可能となった。一度に最大4系統の4K/60P映像を入力可能で、切り替えながら映像確認が可能。

放送向けのHDR方式「Hybrid Log-Gamma」をはじめ、「PQ」「Canon Log」「Canon Log2」「Canon Log3」など各種方式に対応。輝度レベルの表示や輝度の異なる部位に着色して表示する「フォルスカラー」、2系統の4K映像の同時表示、HDR階調調整といったアシスト機能を豊富に搭載している。

ディスプレイ解像度は4,096×2,160、アスペクト比17:9。ピクセルピッチは132μm/193ppi。外形寸法は576W×387H×105Dmm。質量約12kg。

関連リンク

関連記事