クリップ式で服やバッグに取り付け可能

ソニー、ブロック形状の超小型ICレコーダー。リモコン/スマホからの遠隔録音も

編集部:小野佳希
2017年09月12日
ソニーは、約4cm四方と超小型かつリモコンやスマホアプリからの遠隔録音も可能なICレコーダー「ICD-TX800」を10月7日に発売する。ブラックとホワイトの2色をラインナップし、オープン価格だが20,000円前後での実売が予想される。

ICD-TX800。本体(上)とリモコン(下)のセットで販売

細身のペン型モデルなど、小型なことを特徴とする同社のTXシリーズの新機種。1辺約38mm、厚み約13.7mmと超小型な新形状を採用した点が大きな特徴で、クリップで服やバッグなどに取り付けて録音するといった使い方もできる。小型なため録音しやすい位置においても相手に威圧感を与えにくい点もメリットだとソニーはアピールしている。

名刺入れとのサイズ比較

Bluetoothで接続するリモコンも付属。スマートフォンアプリ「REC Remote」とも連携可能で、これらを使って遠隔録音することができる。

クリップ式を採用

本体の録音ボタンを押しての録音では、電源がオフの状態からでも起動して録音を開始。そのほか、何分後に録音を開始するかを事前に設定しておける録音開始タイマーも備えている。

カラーバリエーションは2色

リニアPCMおよびMP3(ステレオ/モノラル)での録音が可能で、内蔵容量は16GB。音声をマイク内部でダイレクトにデジタル信号へ変換する構成のデジタルマイクによって、小型でも高音質のステレオ録音が可能だとしている。

モニター部は有機ELディスプレイ。そのほか自動トラックマークに時刻情報を付けられるようになった。また、約3分の充電で約1時間の録音が可能な急速充電にも対応している。

ポケット/会議/講演/ボイスメモ/インタビューという5種類の録音設定を搭載。「ポケット」では、こすれ音カットに有効なノイズカットフィルターを入れるなど、録音シーンにあわせて設定を選べるようにしている。

なお、本体にはスピーカーを搭載しておらず、録音データを聞く際には付属イヤホンを使用。付属のUSB-ステレオミニ変換アダプターを本体のUSB端子に接続し、そこにイヤホンを挿して再生を行う。

関連リンク

関連記事