Eマウントレンズも装着可能

ソニー、新開発36x24mmセンサー搭載の“CineAlta”最上位機「VENICE」

編集部:風間雄介
2017年09月07日
ソニーは、映画などを撮影するためのカメラ“CineAlta”最上位機「VENICE」を開発。2018年2月上旬に発売する。価格はオープン。

“CineAlta”最上位機「VENICE」

同社として初めて。デジタルシネマ用に開発したフルフレームセンサーを搭載。横36mm 6Kでの撮影や、Super35mm(24.89x13.18mm)、Super35mm 4パーフォレーション(24.89x18.63mm)での4K撮影ができる。なおこのセンサーは、撮影時に発生する歪みを抑える高速イメージスキャン技術を備えている。

デジタルシネマ用に開発したフルフレームセンサーを搭載

PLレンズマウントを採用。Super35mm用PLレンズやアナモフィックレンズやフルフレーム対応PLレンズなどに対応するだけでなく、PLレンズマウント部を取り外せば、Eマウントカメラとしても使える。

PLレンズマウント部を取り外せばEマウントカメラとしても使える

映像記録においては、BT.2020やDCI-P3色域を大幅に上回る色域と、15stopを超えるワイドラチチュード、低ノイズでの記録・出力に対応。従来よりグレーディングの自由度が増し、映画制作者が求めるイメージを実現できるという。

記録フォーマットはXAVCの他、ポータブルメモリーレコーダー『AXS-R7』と組み合わせることで16bit RAWやX-OCNフォーマット記録も行える。

なおレンズには、段階のガラスNDフィルターを内蔵。これまでの外部NDフィルターの交換作業を削減することが可能。

また細かなところでは、カメラの左右に、各オペレーターの役割に応じてボタンを絞り込み、複数のオペレーターが同時に設定できるよう最適化している。

関連リンク

関連記事