オープンデータ版を本アップデート

オンキヨー、「Music App」「HF Player」アップデートで機能追加やデザイン刷新

編集部:押野 由宇
2017年09月07日
オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、同社が提供するミュージックアプリ「Music App」および「Onkyo HF Player for Android」について、アップデートを実施した。これらのアプリは以前にオープンβ版が公開されており、それが本アップデートされたものとなる(関連ニュース)。

「Onkyo HF Player」のUIイメージ

Music Appは、V1.7.1にアップデート。e-onkyo musicダウンローダーが、2016年7月以降に購入した楽曲を10回ダウンロード可能となった。またパイオニアのヘッドホンをリストに追加しているほか、“ジャンル”ソートで「すべて再生」に対応した。

パイオニアブランドのヘッドホンがリストに追加された

対象モデルは、オンキヨーのデジタルオーディオプレーヤー「DP-X1A」、「DP-X1」およびハイレゾスマートフォン“GRANBEAT”「DP-CMX1」、パイオニアのデジタルオーディオプレーヤー 「XDP-300R」、「XDP-100R」。

Onkyo HF Player for Androidの最新バージョンv2.0.1では、画面デザイン/UIを刷新。さらに追加機能として、同期歌詞プチリリサービスやフォルダ再生に対応した。また、プレイリスト作成機能が改善、“タブ”ソート表示のカスタマイズ機能を追加、パイオニアヘッドホン/イヤホンがリストに追加されている。

再生した楽曲の同期歌詞を表示する「プチリリ」サービス

ほか、e-onkyo musicダウンローダーがMusic Appと同じく2016年7月以降の購入楽曲が10回ダウンロード可能に変更、ボリューム調整バー、高精度なプレシジョンEQを搭載。なお一部のリスト画面で広告表示あるが、課金版は広告非表示となる。

また、HF Player上でOTGケーブルを使用した外部機器とのデジタル接続でハイレゾ出力を可能とする有償アプリ「Onkyo HF Player アンロッカー」も、 v1.1.0 にバージョンアップ。アイコンとアンロック画面のデザインが刷新された。

関連記事