ライトが光るBluetoothスピーカーなども

<IFA>フィリップス、生演奏をヘッドホンで聴くデモ。有機ELテレビも高画質アピール

編集部:小野佳希
2017年09月04日
ドイツで開催されているIFA 2017。フィリップスは、別項でお伝えしている完全ワイヤレスイヤホン「SHB4385」のほかにも様々なヘッドホンやBluetoothスピーカー、テレビなどを展示している。

ヘッドホンは、ミュージシャンの生演奏をヘッドホンで聴くというデモコーナーを展開。演奏はギターアンプからは音が聴こえず、用意されている「BASS+」シリーズのヘッドホンを装着すると音楽が聴こえるという仕掛けだ。

ギター生演奏をヘッドホンで聴くデモ。取材時はガンズ・アンド・ローゼズ「Sweet Child O' Mine」が演奏されていた

もちろん通常の方法で試聴することも可能。「SHL3075」や「SHE4305」などBASS+シリーズのヘッドホン/イヤホン、ネックバンド型の「SHB4205」など各製品を試せるようにしている。

ハウジングの「+」マークがデザイン的なアクセントに


ネックバンド型のSHB4205

そしてヘッドホン展示の横にはBluetoothスピーカーコーナーを展開。内蔵のライトが音楽にあわせて光る“ShoqBox”「SB500」や、最大30時間のBluetooth音楽再生が行える“EverPlay”「BT6900」などを展示している。

“ShoqBox”「SB500」

テレビは有機ELモデル「POS9002」などを中心に展示。特に、同モデルなどが採用する映像エンジン「P5」を大きくフィーチャーし、高画質さをアピールしていた。

有機ELテレビ「POS9002」

映像エンジン「P5」の性能をアピール

なお同エンジンは5基のプロセッサーをひとつにしたもの。これにより4Kソースの膨大なデータ量を余裕をもって処理できるとしている。

同社テレビの独特な特徴のひとつ「ambilight」もデモ。映像にあわせて機体背面(側面)のLEDライトが様々な色に点灯する

関連記事