ラグビーの試合放送にて実験

WOWOW、ハイブリッドキャストを活用したテレビ向け「4Kサイマル配信」を実証実験

編集部:川田菜月
2017年08月18日
(株)WOWOWは、ハイブリッドキャストを活用したテレビ向け「ラグビー4Kサイマル配信」および「テニスピックアップコート2K生配信」の実証実験を実施すると発表した。

「ラグビー4Kサイマル配信」については、8月22日(火)夜6:00よりWOWOWライブでリピート放送される「ラグビー フランスリーグ TOP14 16-17シーズン プレーオフ決勝」(6月4日初回放送)において、ハイブリッドキャストを活用したテレビ向け4Kサイマル配信を実施。これにより画面上に表示される切り替えボタン(「4Kで見る」ボタン)から番組の4Kサイマル配信にアクセス可能となり、同じ画面上で放送番組と配信の4K映像を切り替えて楽しむことができる。

4Kサイマル配信を視聴可能に

「テニスピックアップコート2K生配信」については、8月28日(月)〜9月11日(月)にて独占生中継を行なう全米オープンテニス大会の放送において、加入者向けVODサービス「WOWOWメンバーズオンデマンド」が実施しているピックアップコートサービス(放送以外の試合を生配信するサービス)をテレビ向けに2K生配信る。これにより、画面上のコート表示を通じて2K生配信にアクセスし、同じ画面上で最大3つのピックアップコートの試合を見ることができる。

同じ画面上で最大3つのピックアップコートの試合が見れる

なお本実証実験を視聴するには、インターネット回線に接続された、4Kネット動画対応(2K生配信はネット動画対応)のハイブリッドキャスト機能搭載テレビが必要となる。

今回の実証実験は、同社が中期経営計画に掲げている重点戦略の一つである「サービスのさらなる高度化」における「放送と配信が連動したTV向けの新サービス開発」の第一段階とのこと。グループ会社(株)アクトビラの協力のもと、TV向けの「4Kサイマル配信」および「ライブ配信」といった現在検討中の新サービス実現を視野に入れて取り組んでいくとしている。

関連記事