ビジネスプロジェクター新モデルも発表

エプソン、10万円を切るフルHDプロジェクター「EH-TW650」。明るさを高めた「EH-TW5650」も

編集部:押野 由宇
2017年08月08日
エプソンは、ホームシアター向け液晶プロジェクター“dreamio”シリーズのフルHD対応プロジェクター 4機種を発表。従来のフルHDエントリー機の後継となる「EH-TW5650」、10万円以下という価格を実現した新しいフルHDエントリー機「EH-TW650」などを8月30日より発売する。

<プロジェクター単体>
・「EH-TW5650」¥OPEN(予想実売価格129,980円前後)
・「EH-TW650」¥OPEN(予想実売価格99,980円前後)

<スクリーンセットモデル>
・「EH-TW5650S」¥OPEN(予想実売価格135,980円前後)
・「EH-TW650S」¥OPEN(予想実売価格105,980円前後)

EH-TW5650

EH-TW650

人気モデルの後継として性能をブラッシュアップした「EH-TW5650」

「EH-TW5650」は、dreamioの従来のフルHD(1,920×1,080)対応モデルの中で最も廉価なスタンダード機として人気を集めた「EH-TW5350」の後継機に位置付けられるフルHDプロジェクター。前モデルと比較して、明るさを2,200ルーメンから2,500ルーメンに、コントラスト比を35,000:1から60,000:1へと向上させている。

「EH-TW5650」

写真右の「EH-TW5350」の映像に対し、左の「EH-TW5650」の映像はより明るいことが分かる

また1.2倍のマニュアルズーム/フォーカスに加え、新たに縦レンズシフト機能を搭載し、設置の自由度を高めた。スピーカーも5Wから10Wに出力を上げ、単体でも迫力ある音声を楽しめるように設計されている。ほか、フル10bitカラープロセッシングの色再現性といった性能は前モデルを踏襲する。

マニュアルのズーム/フォーカスに加え、縦レンズシフトを搭載した

操作ボタンを本体天面に装備。リモコンも付属する

3D再生はフレームパッキング、サイドバイサイド、トップアンドボトム方式に対応するほか、Bluetooth接続でのaptX/SBCコーデックによるオーディオ再生が行える。Wi-Fiを内蔵しており、Miracastに対応したスマホやタブレットからのスクリーンミラーリングも可能だ。外形寸法は309W×107H×278Dmm、質量は約3.5kg。

本体背面部。HDMI入力は2系統(うちMHL1系統)を備える

前面の脚部で高さ方向の調節が行える

“お手軽”な価格と使い勝手を実現した新エントリー機「EH-TW650」

「EH-TW650」は、フルHD(1,920×1,080)解像度で明るさが3,100ルーメン、コントラスト比15,000:1というスペックを実現しながら、価格を10万円以下に抑えたエントリーモデル。

「EH-TW650」

会場ではゲーム機との接続によるデモも行われた

100インチの投写に必要な距離を2.27m〜2.75mとする短焦点仕様で、外形寸法302W×87H×249Dmm、質量約2.7kgというコンパクトなデザインとあいまって、明るいリビングなどでも“お手軽”に大画面を楽しめることが特徴となる。

天板にマニュアルズーム/フォーカスを搭載。レンズシフトは装備していない

EH-TW650はHDMIのほか、RCAの映像入力端子も備える

両モデルともにMHL接続に対応するとともに、無線LANを内蔵。「EH-TW5650」ではMiracast対応のスマートフォン・タブレット・ノートPCを使用したスクリーンミラーリングが可能となっている。

左が「EH-TW650」、右が「EH-TW5650」。サイズがひと回り異なる

「明解」をキーメッセージとしたビジネスプロジェクター群

また、ビジネスプロジェクターの新モデルとして、ベーシックモデル「EB-W05」など7モデルも発表。同じく8月30日より発売される。

「EB-W05」

・「EB-S05」¥OPEN(予想実売価格44,980円前後)
・「EB-X05」¥OPEN(予想実売価格54,980円前後)
・「EB-W05」¥OPEN(予想実売価格64,980円前後)
・「EB-S41」¥OPEN(予想実売価格52,000円前後)
・「EB-X41」¥OPEN(予想実売価格82,000円前後)
・「EB-W41」¥OPEN(予想実売価格96,000円前後)
・「EB-U42」¥OPEN(予想実売価格132,000円前後)

ビジネスプロジェクターは製品選びの基準を明るさと解像度に定め、「明解」をキーメッセージとした展開を実施。ユーザーの購入重視点が価格、明るさ、解像度、ブランド/重量にあることから、幅広い価格帯、全モデルが3,200ルーメン超えの明るさ、SVGA〜WUXGAで選べる解像度、全モデル3kg未満を実現している。

ビジネスプロジェクター新モデルを展示

エプソンならではの高付加価値をアピールしていく

エプソンは製品発表に先立ち、プレス向けの発表会を実施。発表会では冒頭、エプソン販売(株)取締役 販売推進本部長の小川浩司氏が「エプソンは国内で22年、世界で16年連続シェアナンバーワンを獲得している。しかし、一方でまだまだ取り組んでいかなくてはいけないことがある」と挨拶し、ユーザーの要望に応える製品ラインナップへの展望に触れた。

エプソン販売(株)取締役 販売推進本部長の小川 浩司氏

続いてセイコーエプソン(株)ビジュアルプロダクツ事業部 企画設計部の宮坂 明氏が新製品についての特徴をアピール。そしてエプソン販売(株)販売推進本部 VPMD部長の蟹澤啓明氏が、2017年のプロジェクター新製品の販売戦略について発表を行った。

セイコーエプソン(株)ビジュアルプロダクツ事業部 宮坂 明氏

エプソン販売(株)販売推進本部 VPMD部長の蟹澤啓明氏

蟹澤氏によれば、フロントプロジェクター市場は堅調に推移しており、1台あたりの単価は5,000円ほど上昇。これについては「高画質などの高付加価値が浸透している」と捉えているという。また、「プロジェクターがビジネスシーンでも活用されるようになってきており、フラットディスプレイなどでは実現できない、プロジェクターならではの価値を提供する。そのためにビジネス、ホームプロジェクターそれぞれの課題にどう取り組んでいくかが重要」とした。

まずビジネスプロジェクターについては、市場拡大とニーズの増加に伴う多種多様な製品投入により、選択の自由度が増す反面で製品選びの難しさが発生していることを指摘。これに対し、製品の明快な選び方訴求による、ニーズにマッチした製品提供が課題であり、それに対する対応が前述のキーメッセージ「明解」となる。

ホームプロジェクターについては、動画配信サービスの普及で小型プロジェクターなど市場が拡大するなかで、いかに興味を喚起するかが課題とした。「ホームプロジェクター体験イベントでは、9割がプロジェクターを購入したい、興味を持ったと回答いただけている。いかにお客様に実際の映像を観ていただいて、高付加価値をお伝えできるかが、新規ユーザーの開拓につながると考えている」(蟹澤氏)

これに対し、同社が掲げるホームプロジェクターのある暮らし「dreamio style」を継続して提案し、体験イベントや製品のレンタルサービスを行っていくという。直近の予定として、10月5日(木)〜9日(月)にiTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズでの体験イベントが告知された。

プロモーションキーメッセージはビジネスプロジェクターが「明解」、ホームプロジェクターが「dreamio style」

最後に、新製品を含めエプソンプロジェクターの今後1年間での販売目標を約17万台と発表。その目標に向けて取り組んでいくと述べられた。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンル液晶プロジェクター
  • ブランドEPSON
  • 型番EH-TW5650
  • 発売日2017年8月30日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格129,980円前後)
【SPEC】●方式:3LCD方式 ●液晶パネルサイズ:0.61型ワイドポリシリコンTFT液晶パネル(16:9) ●液晶パネル画素数:1920×1080×3 ●コントラスト比:60,000:1 ●色再現性:フル10bitカラープロセッシング(約10億7000万色) ●音声出力端子:ステレオミニジャック(ヘッドフォン) ●Bluetooth: Ver 3.0 ●対応プロファイル:A2DP ●対応コーデック:aptX、SBC ●外形寸法:309W×107H×278Dmm(突起部含まず) ●質量:約3.5kg

  • ジャンル液晶プロジェクター
  • ブランドEPSON
  • 型番EH-TW650
  • 発売日2017年8月30日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格99,980円前後)
【SPEC】●方式:3LCD方式 ●液晶パネルサイズ:0.61型ワイドポリシリコンTFT液晶パネル(16:9) ●液晶パネル画素数:1920×1080×3 ●コントラスト比:15,000:1 ●色再現性:フル10bitカラープロセッシング(約10億7000万色) ●外形寸法:302W×87H×302Dmm(突起部含まず) ●質量:約2.7s

関連記事