各社ともワイヤレス製品を訴求

<ポタフェス>オーディオテクニカはワイヤレスアピール/EARIN M-2/Marshall新SP/SkullcandyでVR

編集部:風間雄介
2017年07月15日
ヘッドホンなどの各ブランドが集まるイベント「ポータブルオーディオフェスティバル夏2017東京(ポタフェス)」が7月16日まで、東京・秋葉原で行われている。本項では、1Fのオーディオテクニカ、モダニティ、ネイビーズ、Skullcandy Japan合同会社の模様をお伝えする。

1Fの入り口ではオーディオテクニカの巨大ヘッドホンオブジェがお出迎え

ワイヤレスをわかりやすく訴求するオーディオテクニカ

オーディオテクニカは「ワイヤレス」がキーワード。非常に幅広いラインナップを持つ同社だが、今回は発売されたばかりで人気沸騰中のワイヤレスイヤホン「ATH-CKR75BT」「ATH-CKR55BT」「ATH-CKR35BT」(特設サイト)など、比較的手頃な価格のワイヤレス製品をフィーチャーしていた。

「ATH-CKR75BT」

またプレゼント企画も行われており、同社のFacebookやTwitterをフォローして投稿するだけでオリジナルハンドタオルをプレゼントするキャンペーンを展開していた。暑さが厳しいだけにこのプレゼントはありがたい。ポタフェスを訪れたら、まずはここでタオルをゲットしよう。

ワイヤレス製品を中心にアピール

aptX HDに対応したフルデジタルヘッドホン、DSR9BTも体験できる

モダニティはEARIN「M-2」など展示

モダニティでは、EARINの完全ワイヤレスイヤホン「M-2」が今回の目玉になる予定だったが、残念ながら試聴機の到着が間に合わず。ガラスケースに入った状態で、デザインを確認できる状態になっていた。

EARINの完全ワイヤレスイヤホン「M-2」

そのほか同社は、ノズル交換で音を調整できることが特徴のTORQUEのイヤホンや、イヤーパッドの装着方向を変えて低域のセッティングを変更できるヘッドホンなどもフィーチャー。

TORQUEのイヤホンはノズル交換で音を調整できるのが特徴

イヤーパッドの装着方向を変えて低域のセッティングを変更できるヘッドホン

またeozのBluetoothイヤホンやsudioのスタイリッシュなイヤホン、Dearearの完全ワイヤレスイヤホンなど、モダニティの従来からのラインナップも置かれている。

Dearearの完全ワイヤレスイヤホン

「CRUSHER WIRELESS」の様々な魅力を紹介

Skullcandyは、現在の同社の主力製品「CRUSHER WIRELESS」にフォーカスした展示内容となっていた。

SkullcandyはCRUSHER WIRELESS一色といった様相

「プロジェクト東京ドールズ」とのコラボモデルも

CRUSHER WIRELESSは“震える”ヘッドホン「CRUSHER」のワイヤレス版だが、特許取得の新振動システム『Stereo Haptic Bass』により、超低音域のステレオ再生に対応。左右独立した振動でより立体的かつリアルな低音域を再現することができる。

今回の展示では、単にCRUSHER WIRELESSを置くだけではなく、VRコンテンツと組み合わせてさらに“震える”ことによる臨場感を高めたりなど、様々な工夫を行っていた。

CRUSHER WIRELESSとVRの組み合わせを体験するライターの折原一也氏

Marshallブランド製品がズラリ

ネイビーズは、Marshallブランド製品を多数展示しており、ブースの中はMarshall一色となっていた。

ネイビーズのブースはMarshallブランド一色

中でも注目なのは、本日発売となったばかりの「STANMORE BLUETOOTH」「ACTON BLUETOOTH」だ。両機ともaptXに対応しており、3.5mmケーブルも備えて有線接続にも対応する。

STANMORE BLUETOOTHは4万円超のモデルで、サイズも350W×185H×185Dmm、質量は5.1kgと大型。ドームトゥイーター2基、13.5mmウーファー1基を搭載する本格仕様だ。

STANMORE BLUETOOTH

ACTONは265W×150H×150Dmm、質量は3kgと、STANMOREに比べ小型化したモデル。ドームトゥイーター2基とウーファー1基を搭載している。

ACTON

関連記事