HDR非対応のスタンダードモデルも

LG、同社初のHDR対応4Kモニター「32UD99-W」 ー 31.5インチ/11.4万円前後

編集部:伊藤 麻衣
2017年07月12日
LGエレクトロニクス・ジャパン(株)は、同社で初めてHDRに対応した31.5インチのIPS 4Kモニター「32UD99-W」と、4Kモニターのスタンダードモデル「32UD59-B」「27UD59-B」を7月19日より順次発売する。

・「32UD99-W」¥オープン(予想実売価格114,000円前後) 7月28日発売

32UD99-W

4K(3,840×2,160)解像度を持つIPSパネルを採用した31.5インチのモニター。PC製品のHDR標準規格となるHDR10規格に対応。加えて、デジタルシネマの国際標準DCI規格「DCI-P3」の色域を95%カバーする。

入力端子は、HDMI端子を2系統、USB(Type-C)とDisplayPortを1系統ずつ装備。すべての端子が、HDRおよびHDCP2.2対応となる。

背面分

機能面では、SDR映像を、画質アルゴリズムによりHDRのような画質に変換して表示することができる。また、映像用の色域として、「sRGB」「Rec.709(HDTV用の色域)」「SMPTE-C(同NTSC方式)」「EBU(同PAL方式)」をピクチャーモードで設定可能。「sRGB」は、99%以上の色域をカバーする。そのほか、別売りのキャリブレーションセンサーによるハードウェアキャリブレーションにも対応する。

ゲームシーン用の機能として、ディアリングやスタッタリングを防ぐAMD社の「FreeSync」テクノロジーや、タイムラグを最小限に抑える「DAS(Dynamic Action Sync)モード」、暗いシーンの視認性を高める「ブラックスタビライザー」、ゲームのジャンルによって最適な映像モードを適用できる「ゲーミングモード」などを搭載する。

そのほか、ブルーライトを低減する「ブルーライト低減モード」や、フリッカーを抑える「フリッカーセーフ」機能により、長時間の作業や鑑賞時の目の負担の軽減を図っている。また、OnScreen Control機能の強化により、ゲーム機能設定や5:9領域表示、マウスカーソル検出機能が追加された。

モニター画面のベゼル幅は1.3mmで、非表示領域を合わせても最大で1cm未満に抑えることで映像への没入感を高めている。

ディスプレイ部分を90度回転させて縦型表示できるピポッド機能も搭載。スタンドの高さは最大110mmまで、画面角度は前5度から後ろ20度まで調整可能となっている。

縦型表示時のイメージ

ステレオスピーカーを内蔵し、出力は5W+5W。85Hz以下の低音域を深く裕に再現するという「リッチベース」を採用する。

外形寸法は714W×485〜595H×259Dmm(スタンド含む)で、質量は8.4kg(スタンド含む)。

・「32UD59-B」¥OPEN(予想実売価格72,000円前後) 7月28日発売
・「27UD59-B」¥OPEN(予想実売価格55,000円前後) 7月19日発売

32UD59-B

27UD59-B

UD59シリーズは、4K(3,840×2,160)対応ながら手頃な価格を実現したというスタンダードモデル。画面サイズは、「32UD59-B」が31.5インチ、「27UD59-B」が27インチとなる。なお、HDRには非対応。

「DCI-P3」の色域を95%カバー。また、工場出荷時にキャリブレーションを実施し、個体差のない安定した画質を実現したという。

入力端子は、HDMIを2系統、DisplayPortを1系統備える。HDMI端子は、4K/60Hz出力およびHDCP2.2に対応する。

機能面では、ゲーム使用時のための「FreeSync」テクノロジー、「DASモード」、「ブラックスタビライザー」を搭載。そのほか、OnScreen Control機能の強化により、ゲーム機能設定や5:9領域表示、マウスカーソル検出機能が追加された。

32UD59-Bの外形寸法は728W×458〜578H×237Dmm、質量は7.1kg。27UD59-Bの外形寸法は633E×475H×217Dmmで、質量は5.6kg(いずれもスタンド含む)。

関連記事