ワイヤレススピーカー「M5」の交換用カバーも

B&O PLAY、Bluetoothヘッドホン「H4」/スピーカー「A1」に新色を追加

編集部:川田菜月
2017年07月12日
完実電気は、同社が取り扱うB&O PLAYより、Bluetoothヘッドホン「H4」とBluetoothスピーカー「A1」にそれぞれ新色を追加し、7月20日から発売する。また、ワイヤレススピーカー「M5」の交換用カバーも同日発売する。詳細は以下のとおり。

■Bluetoothヘッドホン「BeoPlay H4」
・新色:Black(ブラック)価格:32,900円(税込)

「BeoPlay H4」新色:Black(ブラック)

H4は、独自設計のφ40mmダイナミックドライバーを搭載するBluetoothヘッドホン。本機のために特別開発したという「Commute (通勤・通学)」「Clear (クリア)」「Workout (ワークアウト)」「Podcast (ポッドキャスト)」の4つのサウンドプロフィールを搭載し、専用アプリ「Beoplay」アプリを使って音質調整が可能となる(関連ニュース)。

これまでCharcoal Grey(チャコールグレイ)、春夏コレクションカラーのTangerine Grey(タンジェリングレイ)、Sand Grey(サンドグレイ)の3色をラインナップ。今回新たにBlack(ブラック)を追加する。

■Bluetoothスピーカー「BeoPlay A1」
・新色:Sand Stone(サンドストーン)価格:29,900円(税込)

「BeoPlay A1」新色:Sand Stone(サンドストーン)

A1は、ドーム型を採用したアルミ製の筐体に、二重成形のポリマーベースを採用した小型Bluetoothスピーカー。突出したボタンやレッグ部を排した美しいデザインと、長電池寿命性能も兼ね備えている。内部は強力なネオジウムマグネットを使用した新開発の3/4インチ アルミコーン・フルレンジ、シルクドーム・ツィーターの2ウェイ構成。360度全方位に広がる「True360オムニディレクショナルサウンド」を採用する。

カラーはナチュラル(シルバー)/グリーンの2色と、2016秋冬コレクションとしてDeep RedとBlack、春夏カラーとしてTangerine RedとCharcoal Sandを発売。今回Sand Stone(サンドストーン)が新たにラインナップされる。

■交換用カバー「Beoplay M5 Cover」
・Moss Green(モスグリーン)/Dark Rose(ダークローズ)各価格:10,900円(税込)

「Beoplay M5 Cover」Moss Green(モスグリーン)/Dark Rose(ダークローズ)

M5は、Bluetooth 4.0/AirPlay/Wi-Fi/イーサネット対応の360度無指向性ワイヤレススピーカー。「Beoplay A6」「Beoplay A9」でも採用している、デンマークの高級テキスタイルメーカーKvadrat(クヴァドラ)社と共同開発した、音を通過させるウールカバーを採用。これまでナチュラル/ブラックの2色をラインナップしており、今回交換用カバーとしてMoss Green/Dark Roseの2色を追加する。

内部は、3/4インチトゥイーター×3、1.5インチのフルレンジドライバー×1、5インチのネオジウムマグネット製ロングストロークウーファー×1を搭載し、低域のエネルギー感と音抜けを配慮した構造を採用。「True 360°サウンドテクノロジー」を備え、360度全方向に均一に音を届けることができるとしている。

【問い合わせ先】
完実電気(株)
TEL/03-3261-2071

関連リンク

関連記事