DACには「AK4490」を採用

Questyle、フルバランス/フルディスクリート純A級アンプ搭載ハイレゾDAP「QP2R」

編集部:川田菜月
2017年07月07日
S'NEXT(株)は、同社が取り扱うQuestyle Audioより、同ブランドの第二世代モデルとなるハイレゾ対応ポータブルプレーヤー「QP2R」を7月下旬〜8月上旬に発売する。価格はオープンだが、159,800円前後での実売が想定される。

「QP2R」

QP2Rは、フルディスクリート純A級アンプ搭載のハイレゾ対応ポータブルプレーヤー「QP1R」(関連ニュース)の第二世代モデル。5月に独ミュンヘンにて開催された「HIGH END 2017」にて発表されており(関連ニュース)、今回日本での発売が決定したかたち。

内部基盤を新設計し、フルディスクリート構成のアンプ部は従来モデルと比較して約2倍以上の面積を占めているとのこと。基板の前面と背面に4つの独立したアンプ回路をそれぞれ配置し、信号のロスを最小限に抑制。よりクリアな音質と広がりあるサウンドの実現を図っている。

また、2.5mmバランス出力対応したフルバランス構成を新たに採用。DACチップにはAKM製「AK4490」を採用し、DSDは11.2MHzまで、PCMは384kHz/32bitまでのネイティブ再生が可能。その他WAV/FLAC/WMA/MP3/OGG/AAC/ALAC/AIFF/DFF/DSF/APEのフォーマットをサポートする。

さらに、より安定的なアンプの純A級動作を可能にするという新機能「BIASコントロールシステム」を搭載。THD+Nはバランス接続時0.0005%、アンバランス接続時0.0006%、出力インピーダンスは0.1Ωを実現したという。

入力はUSB Type-C端子、出力は3.5mmイヤホン端子(光デジタル共用)、2.5mmバランス出力端子を装備する。

本体には早戻し、再生/一時停止、早送りなどの操作ボタンを配置。内蔵メモリーは64GB、最大200GBまでのmicroSDに対応するカードスロットも装備する。容量3100mAhのリチウムポリマーバッテリーを内蔵し、連続再生時間は10時間。カラーはゴールド/スペースグレイの2色を用意する。

専用USBケーブル、光デジタルケーブルアダプター、キャリングポーチなどを付属。外形寸法は約65W×134H×14.5Dmm、質量は214g。

同社は、7月8日(土)開催の「ポタ研」や、7月15日(土)16日(日)開催の「ポタフェス」にてブースを出展。QP2Rの先行試聴会を実施予定とのこと。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルデジタルメモリーオーディオプレーヤー
  • ブランドQUESTYLE AUDIO TECHNOLOGY
  • 型番QP2R
  • 発売日2017年7月下旬〜8月上旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格159,800円前後)
【SPEC】●対応フォーマット:WAV, FLAC, WMA, MP3, OGG, AAC, ALAC, AIFF, DFF, DSF,APE ●PCM:384kHz 32bit(Float / Integer)まで対応 ●DSDネイティブ:DSD256 1bit 11.2MHzまで対応 ●出力インピーダンス:0.1Ω ●連続再生時間:10時間 ●外形寸法:約65W×134H×14.5Dmm ●質量:214g

関連記事