PC/Macでも使用可能

iPhoneで手軽に電話会議。パイオニアからLightning直結の小型スピーカー「RAYZ Rally」登場

編集部:風間雄介
2017年06月21日
オンキヨー&パイオニア イノベーションズ(株)は、パイオニアブランドより、Lightning端子と直結して使用できるポケットサイズの会議用スピーカー「RAYZ Rally」を発売する。価格はオープンだが14,000円前後での販売が予想される。

PIONEER「RAYZ Rally」

同社はRAYZシリーズの第一弾製品として、Lightning直結型のノイズキャンセリング搭載イヤホン「RAYZ」「RAYZ PLUS」を発売しているが、RAYZ Rallyはそれに続く第2弾モデルとなる。

本体色は白系のアイスと黒系のオニキスの2色で、家電量販店などでの販売はアイス「XW-LTS5(W)」が7月下旬、オニキス「XW-LTS5(B)」が8月下旬に行われる。

一般販売モデル。左がアイス、右がオニキス

一般販売を前に、Apple Storeでの先行販売も行う。Apple Storeでの限定色2色の展開で、スペースグレイ「XW-LTS5(S)CU」は本日6月21日、オニキス「XW-LTS5(K)CU」は6月22日に発売する。

Apple Store限定モデル。左がスペースグレイ、右がオニキス

iOSデバイスやPC/Macと接続して使用できる会議用スピーカー。iOSデバイスと接続する場合はLightning端子と接続するだけで使用でき、電源もiOSデバイスから供給されるため、シンプルな接続で使用できる。なお本気にはAppleの第2世代Lightning Audio技術が採用されている。

iPhone 7と接続したところ

PC/Macと接続する際は、本体底面のLightning端子とPC/MacのUSB端子をLightningケーブルでつないで使用する。対応OSはiOS 10.3以降/Windows 10以降/macOS 10.11以降。

底面にもLightning端子(メス)を装備。PC/MacとUSB-Lightningケーブルで接続できる

本体はスピーカーと丸型のスマートボタンのみのシンプルな構成。通話中にボタンを押すことでミュートできる。また長押しで発話/終話の操作も可能だ。

本機で音楽を再生することも可能。このときはボタンを押すと再生/一時停止操作が行える。

そのほか、ボタン長押しで音声アシスタント機能「Siri」を起動することもできる。

スピーカー部のユニットはφ30mmで、再生周波数帯域は100Hz-20kHz。実用最大出力は1W。マイク部は全指向性で、Lightning端子部に搭載。周波数帯域は100Hz-16kHzとなる。

外形寸法は47W×62H×20.5Dmm、質量は70g。キャリングポーチが付属する。

実際に使ってみた

外資系企業などへ取材に行くと、必ずといって良いほどデスクの上に大型の会議用スピーカーが置いてある。ときには、そのスピーカーを使って遠隔地にいる方へ取材することもある。

本機は、そういった本格的なスピーカーと比べるとかなり小さい。なにしろ手のひらにすっぽりと収まるサイズなのだ。

接続も至ってかんたんだ。今回はiPhone 7で試用したが、RAYZ Rallyから伸びるLightning端子をiPhone 7に挿すと「ピッ」と音がし、それだけで準備完了。あとは電話なりSkypeなり、FaceTimeなり、自分がふだん使っている通話用サービスで相手を呼び出せばよい。今回はLINEの無料通話機能で試してみた。

相手の声が聞こえた瞬間、「えっこれ何? まじですごい」と思わず声に出して驚いてしまった。とにかく声にリアルさがあって、実際にその場にいる人と喋っている感覚に極めて近い。また音量も大きく、このコンパクトなサイズの本体から音が出ているとは思えないほどだ。

決して大げさに言っているわけではない。他の編集部員にも試してもらったが、筆者と同じく「やばい、これはすごい」という語彙力に乏しい反応で、本気で驚いているようだった。この声のリアルさは、実際に体験してみないとなかなかイメージできないだろう。

このクオリティであれば、ビジネスマンが本機を使って本格的な電話会議やビデオ会議を行うこともできるだろう。小型軽量なので、手軽に持ち運べるのも嬉しい。

また、たとえば単身赴任や出張の多いビジネスマンが、家族とコミュニケーションするときにも使えそうだ。たとえば家用と手持ち用に2台用意しておけば、家族と近くでおしゃべりしているような感覚でコミュニケーションできるはず。シンプルながら、様々な使い方が考えられる製品だ。
新着記事を見る
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドPIONEER
  • 型番RAYZ Rally
  • 発売日2017年7月下旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格14,000円前後)
【SPEC】●プラグ:Lightningコネクタ ●ビット速度/サンプリング周波数:最大 24 ビット/48kHz ●ケーブル長:60mm ●スピーカー使用ユニット:φ30mm ●再生周波数帯域:100Hz〜20kHz ●実用最大出力:1W ●外形寸法:47W×20.5H×62Dmm(コード含まず) ●質量:70g

関連記事