押井守版とのBDセットも!

ハリウッド版『ゴースト・イン・ザ・シェル』UHD BDが8月23日発売

本山由樹子
2017年06月20日
NBCユニバーサル・エンターテイメントは、ハリウッド実写映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』のUHD BDを8月23日に発売する。収録ディスク内容に応じて4エディションが用意される。

UHD BD、3D BD、2D BDの音声はいずれも英語ドルビーアトモス、日本語ドルビーデジタル5.1ch。画面サイズはスコープ・サイズ。詳細は以下の通り。

UHD BD+Blu-rayセット
UHD BD本編と2D BD本編の2枚組。品番はPJXF-1105、価格は5,990円(税抜)。UHD BDは片面3層、2D BDは片面2層。

UHD BD本編と2D BD本編の2枚組

BD本編の映像特典として「義体の中の人間性“ゴースト・イン・ザ・シェル”メイキング」、「諜報部隊」、「公安9課」、「人と機械」など約52分を収録。なお、UHD BDには特典は収録されない。

3Dブルーレイ+ブルーレイセット
3D BD本編と2D BD本編の2枚組。品番はPJXF-1106、価格は5,990円(税抜)。3D版は片面2層。特典は2D版のみで、3D版には収録されない。

3D BD本編と2D BD本編の2枚組

ブルーレイ+DVD+ボーナスブルーレイセット
2D BD本編とDVD本編にボーナスBDを同梱した3枚組。品番はPJXF-1103、価格は3,990円(税抜)。

2D BD本編、DVD本編、ボーナスBDの3枚組

ボーナスBDの内容は「義体の創造」、「芸者ロボット:美しき殺人マシン」、「ルパート・サンダース監督のインタビュー」など約41分を収録予定。

『ゴースト・イン・ザ・シェル』&『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』
 ブルーレイツインパック+ボーナスブルーレイセット


『ゴースト・イン・ザ・シェル』BD本編、押井守監督の『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』BD本編、ボーナスBDをセットにした数量限定の3枚組。品番はPJXF-1104、価格は7,590円(税抜)。なお、『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』は、バンダイビジュアルから今年4月にリリースされたBD(品番:BCXA-1230/4,800円・税抜)と同仕様。


〜〜あらすじ〜〜


悲惨な事故に遭いながらも軍需企業ハンカ・ロボティクスのオウレイ博士(ジュリエット・ビノシュ)のおかげで一命を取り留め、脳以外は全身サイボーグとして蘇った少佐(スカーレット・ヨハンソン)。1年後、電脳テロ犯罪を取り締まる公安9課に配属され、上司の荒巻(ビートたけし)、片腕のバトー(ピルー・アスベック)、トグサ(チン・ハン)、サイトー(泉原豊)らと多忙な業務に邁進していた。

ある日、芸者ロボがハンカ社の博士を襲う事件が発生。芸者ロボは「笑い男」ことクゼ(マイケル・ピット)という男に操られていたことが判明する。捜査を進めるうちに、少佐は自身の記憶が操作されていると知り…。

〜〜〜〜〜〜


日本のSF漫画『攻殻機動隊』のハリウッド実写版。ロボット技術が進んだ未来社会を舞台に、公安9課のエリート捜査チームがサイバーテロに立ち向かうSFアクション。今年4月に全国520スクリーンで公開された。監督は『スノーホワイト』のルパート・サンダース。

少佐を演じるのは、これまでも『アベンジャーズ』シリーズなどで超人ヒロインを得意としてきたスカーレット・ヨハンソン。少佐の上司・荒巻にビートたけし、映画オリジナルキャラクターのオウレイ博士役に『GODZILLA ゴジラ』のジュリエット・ビノシュ、クゼ役に『ファニーゲームU.S.A.』のマイケル・ピットなど、国際色豊かなキャストが揃った。

日本語吹き替え版は『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』からアニメシリーズの声優を務めてきた田中敦子、大塚明夫、山寺宏一らが担当。

高層ビルからダイブしたり、クールな銃撃テクニックを披露したり、光学迷彩スーツに身を包んだムチムチ艶めかしいスカーレットの大アクションに注目。


(C) 2017 Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

関連記事