濡れた手で操作しやすい特徴も

JDI、4辺狭額縁で“フルスクリーン”実現可能なスマホ向けディスプレイを量産開始

編集部:風間雄介
2017年06月19日
(株)ジャパンディスプレイ(JDI)は、4辺のベゼルがすべてスリムなスマホ向けディスプレイ「FULL ACTIVE」を6月から量産開始した。

JDI「FULL ACTIVE」

画面サイズは6型で、画素数は1,080×2,160。画面アスペクト比は18対9となる。

なおタッチセンサー機能をディスプレイに内蔵した、同社の「第2世代Pixel Eyes」技術も搭載。これも狭額縁化に寄与し、濡れた手で触れても誤動作しにくい特徴も兼ね備えている。

高密度な配線レイアウトや加工・実装技術を追求し、画面下部のベゼルも大幅に狭くした。このディスプレイを使うことで、表示画面とほぼ同じサイズの商品設計も可能となる。JDIでは「ユーザーインターフェイスの自由度を拡げ、新たな商品価値の創造に貢献」するとしてる。


関連記事