2018年以降3シーズン全試合を配信

DAZN、「UEFAチャンピオンリーグ/ヨーロッパリーグ/スーパーカップ」独占放映権を獲得

編集部:川田菜月
2017年06月15日
スポーツ特化型映像配信サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」は、UEFAが主催する「UEFAチャンピオンリーグ」「UEFAヨーロッパリーグ」「UEFAスーパーカップ」の2018年以降3シーズン全試合の日本国内における独占放映権を獲得したと発表した。

UEFA主催のサッカー3大会を2018年から3シーズン独占配信

UEFAチャンピオンリーグとUEFAヨーロッパリーグは「欧州で最も名誉あるタイトル」と言われており、欧州各国の強豪クラブや、リオネル・メッシ、クリスティアーノ・ロナウド、エデン・アザールといったサッカー界を代表するスター選手が参加する大会。

DAZNでは、本大会の2018-19シーズンから2020-21シーズンまでの3年間全試合を日本で独占放映。本大会出場権を争うプレーオフから、グループステージ、そして白熱の決勝トーナメントまで全試合のライブ中継と、試合終了後の見逃し配信やハイライト映像などを視聴できる。

同社はこれまでもサッカーコンテンツを豊富に用意しており、ラ・リーガ、ブンデスリーガ、セリエA、リーグ・アンなど欧州サッカーリーグの試合や、欧州のカップ戦のFAカップ、コパ・デル・レイ、主要な国際試合などを配信。それらのラインナップにUEFAの大会が新たに加わったかたちになる。

日本においては、Jリーグと10年という長期契約を締結。2017シーズンから明治安田生命Jリーグのリーグ戦全試合の配信を開始しており、J1だけでなくJ2、J3の試合も中継。カメラの台数を増やしてより豊富なアングルでの撮影をするなど、パートナーシップによりコンテンツ制作にも力を入れているとのこと。

関連記事