Bluetooth接続にも対応

パイオニア、シンプルデザイン&省スペース設計のCDミニコンポ「X-SMC02」

編集部:押野 由宇
2017年06月15日
オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、パイオニアブランドよりBluetooth対応の一体型CDミニコンポ「X-SMC02」を6月下旬から発売する。 価格はオープンだが、20,000円前後での実売が予想される。カラーはホワイトとブラックの2色を展開。

X-SMC02(W)

X-SMC02(B)

X-SMC02はBluetooth接続によるワイヤレス再生のほか、CD/CD-R/CD-RWやUSBメモリー(MP3)、FM/AMラジオなどの音楽メディアに対応した一体型のミニコンポ。Bluetoothは4.1+EDRに対応する。CDプレーヤー部は電動スライドドアで、チューナー周波数範囲はFMが76.0MHz〜95.0MHz(ワイドFM対応)、AMが522kHZ〜1629kHz。

スピーカーはバスレフ式で、80mmコーン型フルレンジユニットを採用。アンプ部の実用最大出力は10W+10Wで、イコライザーとしてFLAT、ACTIVE、DIALOGUE、NIGHTの4モード、低音域強調モード、BASS/TREBLEの音質調整機能を備える。

「ちょっとした空きスペースに置きやすい工夫をこらした」としており、薄型デザインと部屋のコーナーにフィットする背面形状を採用。壁掛けにも対応している。本体は上向きに傾斜し、スピーカーは外側に向け配置され、一体型オーディオシステムでありながら音の広がりを感じられるという。

設置イメージ

入力端子はステレオミニプラグを1系統、USB-A端子を1系統装備。スマートフォンなどの外部機器をUSB接続することでUSB充電も可能。外形寸法は451W×215H×132Dmm、質量は3kg。
新着記事を見る
  • ジャンルミニコンポ
  • ブランドPIONEER
  • 型番X-SMC02
  • 発売日2017年6月下旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格20,000円前後)
【SPEC】●Bluetooth:4.1+EDR ●実用最大出力:10W+10W ●入力端子:3.5mmステレオミニ、USB-A ●CDメディア対応:CD、CD-R、CD-RW ●外形寸法:451W×215H×132Dmm ●質量:3.0kg

関連記事