MHL対応/スピーカー搭載

リコー、モバイル機器と連携可能なプロジェクター「WX2440」など3機種

編集部:成藤正宣
2017年06月15日
リコーは、エントリークラスのプロジェクター「RICOH PJ WX2440」「RICOH PJ X2440」「RICOH PJ S2440」の3機種を、6月30日から発売する。いずれもオープン価格だが、予想実売価格は「WX2440」が100,000円前後、「X2440」が90,000円前後、「S2440」が85,000円前後。

「RICOH PJ WX2440」

2015年2月に発売された「RICOH PJ WX2240/X2240/K111」の後継機にあたるプロジェクター。「WX2440」「X2440」はミニD-sub 15ピン端子を1基、RCAピンジャックを1系統、HDMI入力端子を2基搭載したモデルで、HDMI入力のうち1基はMHLに対応。Androidスマホ・タブレットなど、MHLに対応した機器をケーブルで接続し、映像データを直接投影することができる。「S2440」のみ、MHL対応端子を省略したモデルとなっている。また、3機種ともに2Wのモノラルスピーカーを内蔵している。

190Wの高圧水銀ランプを光源とし、明るさは「WX2440」が3,100ルーメン、「X2440」「S2440」が3,000ルーメン。コントラスト比は10,000:1。解像度は「WX2440」が1,280×800ドット、「X2440」が1,024×768ドット、「S2440」が800×600ドット。

起動後約5秒で映像が表示される「クイックスタート」、電源ケーブルを抜くだけの「クイックシャットダウン」に対応する。全機種共通で、外形寸法は298W×92H×237Dmm、質量は約2.6kg。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルDLPプロジェクター
  • ブランドRICOH
  • 型番PJ WX2440
  • 発売日2017年6月30日
  • 価格¥OPEN(市場想定価格¥100,000前後)
【SPEC】●光源:190W高圧水銀ランプ ●明るさ:3,100lm ●最大解像度:WXGA(1,280×800ドット) ●入力端子:ミニD-sub ×1、RCA×1、HDMIタイプA ×1、HDMIタイプA/MHL×1 ●外形寸法:298W×92H×237Dmm ●質量:約2.6kg
  • ジャンルDLPプロジェクター
  • ブランドRICOH
  • 型番PJ X2440
  • 発売日2017年6月30日
  • 価格¥OPEN(市場想定価格¥90,000前後)
【SPEC】●光源:190W高圧水銀ランプ ●明るさ:3,000lm ●最大解像度:XGA(1,024×768ドット) ●映像入力端子:ミニD-sub ×1、RCA×1、HDMIタイプA ×1、HDMIタイプA/MHL×1 ●外形寸法:298W×92H×237Dmm ●質量:約2.6kg
  • ジャンルDLPプロジェクター
  • ブランドRICOH
  • 型番PJ S2440
  • 発売日2017年6月30日
  • 価格¥OPEN(市場想定価格¥85,000前後)
【SPEC】●光源:190W高圧水銀ランプ ●明るさ:3,000lm ●最大解像度:SVGA(800×600ドット) ●入力端子:ミニD-sub ×1、RCA×1、HDMIタイプA ×1 ●外形寸法:298W×92H×237Dmm ●質量:約2.6kg

関連記事