デザインも特別仕様

JBL、クインシー・ジョーンズ監修のBluetoothヘッドホン「E55BT QUINCY EDITION」

編集部:小澤貴信
2017年06月08日
ハーマンインターナショナルは、JBLブランドより、クインシー・ジョーンズが監修したBluetoothヘッドホン「E55BT QUINCY EDITION」を6月17日より発売する。価格はオープンだが、直販サイト価格は19,800円(税抜)となる。カラーはブラックとピンクの2種類が用意される。

「E55BT QUINCY EDITION」(ブラック)

「E55BT QUINCY EDITION」(ピンク)

本機はJBLのBluetoothヘッドホン「E55BT」(関連ニュース)のサウンドを、著名な音楽プロデューサーであるクインシー・ジョーンズが監修したスペシャルエディションとなる。同氏が自らチューニングを行い、スムーズで伸びやかな高音域、低音域の量感あふれるサウンドを実現したという。さらに、電源のオン/オフやBluetooth接続時などの音声ガイダンス(英語)についても、クインシー・ジョーンズの声でナビゲートされる。

デザインも特別仕様を採用。通常のE55BTはヘッドバンドにファブリック素材を採用しているが、本機では高級感のあるPUレザー素材を採用。イヤーカップもマットな素材とカラーを使用したプレミアムデザインとしている。

Bluetoothヘッドホンとしての基本性能は、E55BTを踏襲。最大2台のデバイスにBluetooth接続して切り替えて使える「マルチポイント」機能も備える。Bluetoothのバージョンは4.0、対応プロファイルはA2DP v1.2/AVRCP v1.4/HFP v1.6/HSP v1.2となる。約2時間の充電で最大約20時間のワイヤレス再生が可能となる。

ユニットには50mmドライバーを搭載。同梱のケーブルを用いて、有線ヘッドホンとしても使用することができる。右イヤーカップには3ボタンリモコンを装備していて、音量調整や再生・一時停止・曲戻し・曲送りなどの操作が行える。

イヤーカップ部は内側に折りたためる仕様になっていて、コンパクトとに収納できる、キャリングポーチも附属する。

周波数特性は20Hz〜20kHz、感度は96dB/mW、インピーダンスは32Ω、本体質量や約230gとなる。

新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドJBL
  • 型番E55BT QUINCY EDITION
  • 発売日2017年6月17日
  • 価格¥OPEN(直販サイト価格19,800円)
【SPEC】●型式:密閉ダイナミック型オーバーイヤー ●対応プロファイル:A2DP v1.2、AVRCP v1.4、HFP v1.6、HSP v1.2 ●ユニット:50mm径ドライバー ●周波数特性:20Hz〜20kHz ●感度:96dB/mW(有線接続時) ●インピーダンス:32Ω(有線接続時) ●プラグ:3.5mmステレオミニプラグ(有線接続時) ●充電時間:約2時間 ●音楽再生時間:最大約20時間 ●質量:約235g(本体のみ)

関連記事