55/50型もラインナップ

シャープ、画質・音質を高めた“4K AQUOS”ハイグレードモデル「LC-60US45」など3機種

編集部:川田菜月
2017年06月08日
シャープ(株)は、同社の4K液晶テレビ“4K AQUOS”(公式サイト)の新製品として、US45ライン「LC-60US45/LC-55US45/LC-50US45」を7月に順次発売する。地デジ/BS/110度CSチューナーは3基搭載する。

「LC-60US45」

US45ライン
・「LC-60US45」60型 ¥OPEN(予想実売価格33万円)7月1日発売
・「LC-55US45」55型 ¥OPEN(予想実売価格28万円)7月1日発売
・「LC-50US45」50型 ¥OPEN(予想実売価格22万円)7月25日発売

「LC-55US45」

「LC-50US45」

従来のUS40ラインの後継機で、ハイグレードラインにあたるモデル。液晶テレビからの買い替えが本格化していく流れを想定して、2010年頃に発売されたAQUOS液晶テレビからの買い替え層などをターゲットに新たに開発したという。サイズ展開としては50型からのラインナップとなるが、45型モデルも検討しているとのこと。

液晶テレビ買い替えユーザーを対象として、高画質・高音質・使い勝手をポイントに開発したという

60型は広色域技術「リッチカラーテクノロジープロ」搭載

画質面では、4K液晶パネル専用画像処理回路「AQUOS 4K-Master Engine PRO II」を搭載。4K/HDR映像のクリアな再現のほか、2K映像もアップコンバートしてより高精細に再現できるとしている。また「4Kクリア番組表」「4Kウェブブラウザ」などにも対応する。

専用画像処理回路「AQUOS 4K-Master Engine PRO II」を搭載

外光の反射を抑えてより締まった黒を表現できる「低反射 N-Blackパネル」と、消費電力を抑えつつ画面輝度を高める独自のバックライトシステムを使用した高効率・高輝度技術「リッチブライトネス」も搭載。液晶パネルは画素数3,840×2,160、視野角は上下左右176度。バックライトはエッジ型、エリア駆動は非対応となる。なおドルビービジョン、HLGなどには非対応で、アップデートでの対応も現状予定はないとのこと。

よりクリアで高精細な映像を再現する

なお60型モデルでは国内生産の自社パネルを採用。色再現範囲を従来から約10%拡大した新たな広色域技術「リッチカラーテクノロジープロ」を搭載し、特に赤やマゼンダ、青やシアンの色域を拡大したことで、より色彩豊かで臨場感あるリアルな表現を実現するとのこと。なお55/50型は従来同様の「リッチカラーテクノロジー」を搭載する。

左がUS40ラインの60型、右が今回発売するUS45ラインの60型。よりリアルな色彩表現を可能にしたとしている

音質も強化。「フロントオープンサウンドシステム」搭載

今回こだわったとされる音質面では、新たに音声を前方に導くリフレクター構造と前面開口型の「フロントオープンサウンドシステム」を採用。エアコンのルーバーのようなガイドを設け、下向きに設置されたスピーカーでも音を前方に出すことが可能。

オンキヨー製のスピーカーを採用しており、スピーカーユニットに銅キャップを追加し、またメインのマグネット磁力を高めることで、高域の音圧と低域の質感向上したとのこと。これにより中高域〜高域にあたる人の声を聞き取りやすさを実現したとしている。構成はフルレンジ2基、サブウーファー1基の2.1chシステムで、実用最大音声出力はフルレンジが各10W、サブウーファーが15Wの計35W。

人の声が聞き取りやすいを実現するという

60型モデルはサブウーファーもオンキヨーと共同で新開発したものを搭載

60型モデルではオンキヨーと新たに共同開発したサブウーファーを搭載する。従来比 約2.4倍の体積をもつ大型マグネットの採用で駆動力が向上し、バスレフダクトを長くとった構造改良により、低域の音圧向上やより低い帯域まで再生を可能にするとのこと。55/50型にもサブウーファーを搭載しているが上述のものとは別製品になるとのこと。

60型モデルのサブウーファーは、大型マグネットの採用やバスレフダクトを長くとるなどどして、より低い帯域まで再生を可能にした

新たな音質補正技術「eilex PRISM」を採用。音圧測定の方式を複数レイヤーでの音響パワー体積密度特性を数百点のポイント測定にすることで、空間全体の補正が可能となる。またデジタルフィルター「VIR Filter」を採用し、より広帯域で精度の高い補正を実現し、テレビの場所から少し離れた場所でも音質の劣化が少ない音作りができるとのこと。これにより自然な広がり感や奥行き、明瞭度の改善を図りシステムの広指向性を実現するとしている。

空間全体の音補正を可能にし、離れた場所からの視聴でも劣化の少ない音質を楽しめるとのこと

「YouTube」ダイレクトキー装備。キャスト機能も

スタンド部は従来同様に回転式スタンドを装備。画面を左右に動かせることで、ゲーム機などとの接続や背面部分の掃除などの際に便利で好評とのことで、今回「より回転感を表現した」というアーク型デザインを採用。これによりどの角度に調整しても外観のバランスを保つとのこと。また耐震マットを取り付けスタンドを固定しても画面角度の調整は可能で、耐震性にも配慮しつつ利便性やデザインも両立させた。回転角度は左右各15度まで。

使い勝手とデザイン性の両立を図っている

リモコンには電源ボタンの横に「YouTube」ダイレクトキーを装備。YouTube/Netflix、ひかりTV4Kに対応しており、VODやネットコンテンツへのアクセス性向上を図っている。Cast対応により、待機状態のテレビの電源を起動させて、スマホ上で見ていたコンテンツをそのまま続けてテレビで視聴することができる。

「YouTube」ダイレクトキーを装備

AQUOSブルーレイと連携して、本機で視聴している番組を最大90分まで自動で一時録画する「タイムシフト録画機能」が可能。AQUOSココロビジョンプレーヤーとの接続では、独自のクラウドサービス「COCORO VISION」も利用できる。

外形寸法/質量は、60型が135.4W×84.9H×34.1Dcm/約34kg、55型が123.1W×79.4H×34.1Dcm/約29kg、50型が112.6W××71.9H×27.1Dcm/約22kg。いずれもスタンド装着時の数値で、高さはスライド時には5mm程度高くなるとのこと。

HDMI入力端子は4系統を装備し、4K60p/HDCP2.2/ITU-R BT.2020に対応する。その他、ビデオ入力、アナログRGB入力、アナログ音声出力、デジタル音声出力、LAN×各1。USBはメモリー/HDD用と2基搭載する。
新着記事を見る
  • ジャンルワイドテレビ(CRT)
  • ブランドSHARP
  • 型番LC-60US45
  • 発売日2017年7月1日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格33万円)
【SPEC】●入力端子:HDMI×4、ビデオ×1、アナログRGB×1、LAN×1、USB×2 ●出力端子:アナログ音声×1、デジタル音声×1 ●消費電力:約250W(待機時 0.15W) ●外形寸法:1354W×849H×341Dmm ●質量:約34.0kg(スタンド含む)
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドSHARP
  • 型番LC-55US45
  • 発売日2017年7月1日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格28万円)
【SPEC】●入力端子:HDMI×4、ビデオ×1、アナログRGB×1、LAN×1、USB×2 ●出力端子:アナログ音声×1、デジタル音声×1 ●消費電力:約220W(待機時 0.15W) ●外形寸法:1231W×753H×341Dmm ●質量:約29.0kg(スタンド含む)
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドSHARP
  • 型番LC-50US45
  • 発売日2017年7月25日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格22万円)
【SPEC】●入力端子:HDMI×4、ビデオ×1、アナログRGB×1、LAN×1、USB×2 ●出力端子:アナログ音声×1、デジタル音声×1 ●消費電力:約190W(待機時 0.15W) ●外形寸法:1126W×719H×271Dmm ●質量:約22.0kg(スタンド含む)

関連記事