撮影画像の加工、SNSシェアも可能

e☆イヤホン、ヘッドホンを“3D試着”できるスマホアプリ

編集部:川田菜月
2017年06月02日
e☆イヤホンは、イヤホンやヘッドホンのバーチャル試着ができるサービス「VirTry」と共同で、同社ECサイトと連動した『e☆イヤホン ヘッドホン&イヤホン スマホ3D バーチャル試着サービス』アプリを本日6月2日15時から配信する。

本サービスでは、無料のiOSアプリを使用してイヤホンやヘッドホンの立体的な3Dモデルをスマホの画面上で試着できる。顔認識やAR技術を活用しており、顔の動きに合わせて自動追従およびアングル調整が可能。ECサイトと連動しており、気に入ったモデルはその場で購入も可能とのこと。

iOSアプリを使ってスマホ上でバーチャル試着ができる

気に入ったモデルはそのまま購入も可能

モーションステッカーやカラーフィルターなど写真加工機能を用意。撮影した画像はFacebook、Twitter、LINEなどでシェアすることもできる。アプリはAppStoreからダウンロード可能で、iOS9.2以上に対応する。

現時点の参加ブランドは、SONY、YAMAHA、エレコム、B&W、Fidue、Mix-Styleの6社9商品。SONY製品はアプリリリース後に20商品追加予定で、今後その他ブランド・商品も追加していく予定とのこと。

取り扱うイヤホン・ヘッドホンの3Dモデルは、各パーツのサイズ比や色・質感のほか、ジャックやスイッチなどの細かな部分まで精巧に再現し、試着だけでなく製品形状を詳細に確認できるとしている。

関連記事