HF Playerアプリへの対応も

パイオニアのLightningイヤホン「RAYZ Plus」がヨドバシ/ビックで販売。今週末に体験イベントも

編集部:押野 由宇
2017年05月22日
オンキヨー&パイオニア イノベーションズは、パイオニアブランドのLightning接続イヤホン“RAYZ Plus”「SE-LTC5R」について、本日5月22日(月)より一般販売を開始した。

RAYZ Plus

同製品はこれまで、au公式のアクセサリー販売サイト「au +1 collection」にて先行発売されていたが(関連ニュース)、これに加え、ヨドバシカメラ、ビックカメラでの取り扱いが開始される。

また、ハイレゾ再生アプリ「Onkyo HF Player」の更新に伴い、RAYZが無料アンロック対象となった。これにより、DSDやFLAC音源の再生、EQプリセットの名称の保存やプロミュージシャン作成のイコライジングの選択など、有料版を購入することなくフルバージョン機能が使用可能となる。なお、RAYZ Plusではハイレゾでの再生にはならない。

さらに、RAYZのアプリ内からもスマートボタンを経由してHF Playerを立ち上げられる設定も追加されている。

「RAYZ」アプリのスマートボタンからもHF Playerが起動できる

今回の発売を受け、5月26日(金)〜28日(日)の3日間、ヨドバシカメラマルチメディアAkiba店、マルチメディア梅田店、ビックカメラ有楽町店、ビックロ(ビックカメラ新宿東口店)にてRAYZ Plusの体験試聴会が実施される。

イベントではスタッフによるRAYZ Plusの紹介・説明と共に、抽選でPioneerロゴ入りのエコバックがプレゼントされる予定。

Pioneerロゴ入りのエコバックを抽選でプレゼント

関連記事