「SID DISPLAY WEEK 2017」で技術展示

ジャパンディスプレイとNHK、8Kで裸眼3D可能な「ライトフィールドディスプレイ」

編集部:小野佳希
2017年05月19日
ジャパンディスプレイ(JDI)とNHKメディアテクノロジー(NHK-MT)は、8K液晶ディスプレイをベースにした裸眼3Dディスプレイ「17型 ライトフィールドディスプレイ」を開発した。5月21日から米国で開催される『SID DISPLAY WEEK 2017』のJDIブース内で技術展示を行う。

17型 ライトフィールドディスプレイ

両社は次世代映像に向けた共同研究開発を開始。JDIが高精細液晶ディスプレイ技術を活かして今回のライトフィールドディスプレイを開発すると同時に、NHK-MTではこのディスプレイに対応する、“これまでにない高精細な次世代3Dコンテンツ”を開発したという。これにより見る視点によって異なった映像を表示し、「実物を見ているかのような立体感のある映像が3D専用メガネを使用することなく視聴できる」としている。

なお“ライトフィールド”とは、多数の様々な方向に向かう光を再現することで、無限の光をシミュレートし立体視を可能にするというもの。現実の世界は様々な方向に向かう光で構成されており、その光をとらえることで立体的に感じ、認識していることから、その無限の光をシミュレートすることで裸眼立体視の実現を図っている。

関連記事