2TB/1TBモデルを用意

パナソニック、6番組同時録画に対応した“DIGA”「BRG2030」「BRG1030」

編集部:小澤貴信
2017年04月25日
パナソニックは、6番組同時録画に対応したBDレコーダー“DIGA”「DMR-BRG2030」「DMR-BRG1030」を5月19日より順次発売する。

・「DMR-BRG2030」¥OPEN(予想実売価格8.5万円前後) 5月19日発売
・「DMR-BRG1030」¥OPEN(予想実売価格7.5万円前後) 6月16日発売

「DMR-BRG2030/DMR-BRG1030」

6チューナーを搭載しており、6番組同時録画が可能。1台で「パパ・ママ・わたしがそれぞれ2番組同時録画できる」とアピールするBDレコーダーだ。昨年モデルは1モデル展開だったが、今期はハードディスク容量2TBモデル/1TBモデルの2機種を用意した。

また、機能一覧からチャンネル録画設定を行うと、1日最大6チャンネルを最大8時間まで自動録画することができり(DRモードのみ)。

基本機能は従来モデルを踏襲するが、新たに「新着番組」が進化。シリーズ番組などをまとめて表示できるようになった。また、従来は「新番組/特番お知らせ」機能を搭載。従来から番組表上で新番組をポップアップ通知する機能を備えていたが、本機からは不定期放送の特番などのお知らせにも対応した。

同時発表の全自動DIGAシリーズと同じく、番組持ち出し時の画質選択の幅も拡張。従来の1.5Mbps<720p>/1.5Mbps<360p>/650kbps<360p>の3種類に加えて、新たに150kbps<180p>を追加。さらに従来は本体からの持ち出し番組作成は1.5Mbps<360p>のみ利用可能だったのが、全画質モードで本体/アプリの両方から持ち出し番組作成が可能になった。

またクラブパナソニックの有料/無料の全会員が、いずれのモードでも本体/アプリの両方から持ち出し番組作成ができるようになった。

一方で、出先からもスマートフォンを使って本機の録画番組などが視聴ができる「外からどこでもスマホで視聴」にも対応している。

新たにCDリッピング機能にも対応。放送・録画に加えてCDもハイレゾ相当にアップコンバートできるハイレゾ・リマスター機能も新搭載した。ハイレゾ音源再生にも引き続き対応する。また、本機もストリーミングサービスの対応も幅を広げ、今回からDAZNおよびdTVに対応している。

また、USBハードディスクは従来までは容量3TBまでの接続に対応していたが、今回から4TBまでの対応となった。

DMR-BRG2030は、消費電力が約25W(待機時0.01W、最小)。外形寸法は430W×41.5H×179Dmm、質量は約2.3kg。

DMR-BRG1030は、消費電力が約24W(待機時0.01W、最小)。外形寸法は430W×41.5H×179Dmm、質量は約2.1kg。

新着記事を見る
  • ジャンルBlu-rayディスクレコーダー
  • ブランドPANASONIC
  • 型番DMR-BRG2030
  • 発売日2017年5月19日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格8.5万円前後)
【SPEC】●入力端子:映像端子×1、アナログ音声端子×1、USB端子×2 ●出力端子:HDMI AV端子×1、光デジタル音声端子×1 ●電源:AC100V 50/60Hz ●消費電力:約25W、待機時(クイックスタート「切」時 時刻表示消灯時 約0.01W)、クイックスタート「入」時 時刻表示点灯時 約4.9W、クイックスタート「入」時 時刻表示消灯時:約3.3W) ●外形寸法:430W×41.5H×179Dmm(突起部含まず) ●質量:約2.3kg
  • ジャンルBlu-rayディスクレコーダー
  • ブランドPANASONIC
  • 型番DMR-BRG1030
  • 発売日2017年5月19日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格7.5万円前後)
【SPEC】●入力端子:映像端子×1、アナログ音声端子×1、USB端子×2 ●出力端子:HDMI AV端子×1、光デジタル音声端子×1 ●電源:AC100V 50/60Hz ●消費電力:約24W、待機時(クイックスタート「切」時 時刻表示消灯時 約0.01W)、クイックスタート「入」時 時刻表示点灯時 約4.9W、クイックスタート「入」時 時刻表示消灯時:約3.3W) ●外形寸法:430W×41.5H×179Dmm(突起部含まず) ●質量:約2.1kg

関連記事