東工大発ベンチャーをDMMが支援

体で音楽を楽しむデバイス「hapbeat」。Kickstarterで出資募集を開始

編集部:伊藤 麻衣
2017年03月30日
(株)DMM.comは、クラウドファンディング支援サービス「DMM Starter」を通じ、東京工業大学発ベンチャーHapbeat合同会社の音楽を振動として体験できるデバイス「hapbeat」の製品化に向けたKickstarterプロジェクトを、3月30日に開始した。

hapbeat

「hapbeat」は、身に付けることで普段聴いている音楽を振動として体験できるウェアラブルデバイス。本体に内蔵したモーターと連動する糸を体に巻き付けて装着。モーターが音楽に合わせて糸を伸縮させることで、体の広範囲に振動を伝えるという(特許出願中)。これにより、ライブ会場やクラブで音を浴びているような臨場感を楽しめるとのことだ。

本体から伸びる糸を体に巻き付けて装着する

ダンスや音楽/映画鑑賞、VRゲーム時などの利用を提案している

プロジェクトの実施期間は2017年3月29日から4月26日までで、目標金額は140,000ドル。支援メニューは、「hapbeat」を返礼とする内容を199ドルから用意している。

関連記事