5月末公開の最新ファームウェアから

JVCの業務用4Kカメラ「GY-LS300CH」が4K/60p信号出力に対応

編集部:小澤 麻実
2017年03月30日
JVCケンウッドは、JVCブランドより発売中の業務用4Kメモリーカードカメラレコーダー「GY-LS300CH」の最新ファームウェア「Version4.0」を5月29日に公開すると発表した。このアップデートにより4K撮影時にHDMI端子から60p信号の出力が可能になる。

GY-LS300CH

また、4K映像をSDカードに記録する際、4K/30pまたは4K/24pの4:2:2サンプリング記録も可能になる。

そのほか、従来はHD収録時のみだったウェブブラウザによるカメラ操作に、4K/30pまたは4K/24p撮影時にも対応。本機とPC/タブレットをネットワーク接続し、ウェブブラウザにて各種ネットワーク機能を使うこともできるようになった。

関連記事