iOS版は5月以降に登場予定

ソニー、SongPalをリニューアル。新たに「Music Center」としてAndroid版を提供開始

編集部:川田菜月
2017年03月15日
ソニーは、同社が提供するオーディオ機器の操作アプリ「SongPal」をリニューアル。新たにアプリ内での音楽再生やハイレゾ音源にも対応した「Sony | Music Center」としてAndroid版の提供を開始した。iOS版は5月以降に公開予定。

「Sony | Music Center」

「Sony | Music Center」は、CDやUSB入力、またスマホ内のハイレゾ音源を含む音楽ファイルや、PCやNASなどのDLNA上の音楽コンテンツの再生が可能なアプリ。また、ソニー製の対応オーディオ機器と無線接続してイコライザー、スリープタイマー、ネットワークなどの各設定や、対応する複数スピーカーでワイヤレスにマルチルーム、サラウンド、ステレオ機能の設定などができる。

これまで提供されてきたアプリ「SongPal」の対応機器については、引き続き本アプリで対応する。なお、Atomプロセッサー搭載のモバイル機器には非対応となる。

関連記事