従来機種「EN700」をベースに大幅改良

SIMGOT、“チタン複合振動膜”を採用したダイナミック型イヤホン「EN700BASS」

編集部:川田菜月
2017年03月14日
IC-CONNECTは、同社が取り扱うSIMGOT社のダイナミック型イヤホン「EN700BASS」を3月17日より発売する。価格はオープンだが、13,800円前後での実売が想定される。

「EN700BASS」

本機は従来機種「EN700」をベースにハウジング設計やドライバーなど改良し、“より深い低域とハイレゾ対応の高解像度を両立させた”というモデル。全体的にクリアでフラットな音質とのこと。

10mmダイナミックドライバーを搭載。新たにチタン複合振動膜を採用したことで、従来よりも広い15Hz〜40kHzの帯域をカバーし、ハイレゾにも対応する。

ハウジングは多数の耳型データを使用して形状を再設計し、従来よりも薄型で装着感を向上させたとのこと。

ケーブル素材に8芯無酸素銅線を採用し、厚みのある音を実現するとしている。また、断線防止のため400デニールのデュポン社ケブラー繊維を編み込み、高い強度としなやかさを両立するとのこと。ケーブル長は1.2m、3.5mmステレオミニプラグを装備。

カラーは、レッド/ブラック/グレーの3色をラインナップ。感度は101dB/mW、インピーダンスは16Ω。

関連リンク

関連記事