MWC2017にてライブ配信実験を実施

リコー、24時間360度ライブ配信が可能な全天球ライブカム「RICOH R Development Kit」

編集部:川田菜月
2017年02月27日
リコーは、24時間の連続動作が可能な全天球ライブカム「RICOH R Development Kit」のプレオーダーを本日2月27日から開始。価格は59,800円(税込・送料別)、2017年5月頃の出荷を予定している。

全天球ライブカム「RICOH R Development Kit」

本機は、同社独自の全天球映像技術を活用して、24時間連続で360度映像のライブストリーミングが可能なカメラで、CES 2017会場の同社ブースで発表されている(関連ニュース)。

映像は2K解像度で、フレームレートは30fps。2つの魚眼レンズを本体前後に搭載し、撮影した映像はリアルタイムで全天球映像の標準フォーマット「Equirectangular Projection Format」へと合成される。

映像はHDMIまたはUSB経由で出力。出力端子はmicro HDMI、microUSB端子を備える。HDMI出力はフルHDの60i、USB出力はUVC 1.5/H.264、30fps。どちらも1,920×960+120ドットのアクチュアルサイズモード、もしくは1,920×1,080のフルHDモードを選択可能。

USB経由で映像設定のコントロールが可能で、操作のためのAPIも公開。PC/Mac用の映像コントロールツール「RICOH Rコンソール」のソースコードは後日GitHubで公開されるとのこと。

記録メディアはmicroSDカードで、スロットは最大32GBまで対応。映像記録時間は通常モードで約30分、長時間モード約60分となる。フォーマットはMP4、録画可能なファイルサイズは最大4GB。

ACアダプタからの電源供給により24時間連続稼働を実現。本体の電源入力端子はmicroUSBを装備するほか、モノラルマイクも内蔵する。

外形寸法は46W×118H×22.9Dmm(レンズ含む)、質量は125gと薄型・コンパクトなサイズを実現。付属品にはスタンド、キャリングケース、USBケーブルが2本を用意。

同社は全天球ライブストリーミングについて、エンターテインメント以外にもテレイグジスタンス技術やコンピュータービジョンの分野などで幅広く活用できるとし、本製品を用途開発向けの開発キットとして展開するとのこと。

なお、本製品のプロトタイプをスペイン・バルセロナで開催されている「Mobile World Congress 2017」に出展。同イベント期間中に「Microsoft HoloLens」への360ライブ配信実験を行うとしている(詳細はこちら)。

関連記事