Micro USB/USB Type-Cコネクタの2モデル

アスク、スマホに挿して使う球体形360度カメラ「Insta360 Air」

編集部:川田菜月
2017年02月09日
(株)アスクは、同社が取り扱う“Insta360”ブランドより、Androidスマートフォン向け360度ビデオカメラ「Insta360 Air」を3月上旬から発売する。価格はオープンだが、2万円台前半での実売を想定する。

「Insta360 Air」

本機は、Androidスマートフォンに接続してディスプレイを見ながら360度の全天球写真・動画の撮影ができるビデオカメラ。Android 5.1以降に対応し、接続端子はMicro USB/USB Type-Cコネクタの2モデルを用意する。両モデルともカラーはブラック、ホワイト、ピンク、ゴールドの4色展開。

4色をラインナップ。専用ケース付き

形状は直径37.6mmの球体型で、質量は約26.5gと、手軽に持ち運びしやすい軽量かつコンパクトなサイズとなっている。充電は接続したスマートフォンのバッテリーを利用する。

コンパクトサイズで持ち運びしやすい

本体前後に備えた魚眼レンズはF値2.4で、最大解像度3,008×1,504ドットの静止画/2,560×1,280ドットの動画が撮影可能。フレームレートは30fps、一部機種の動画撮影では3,008×1,504ドットにも対応するとのこと。

撮影した静止画や動画は、専用アプリからFacebookやYouTube、TwitterなどのSNSに投稿できる、YouTubeとの連携で360度動画のライブストリーミング配信も可能。PCとの接続ではウェブカメラとしての使用も可能。

PCのウェブカメラとしても利用可能

USBアダプタケーブル、専用の収納ケースなどを付属する。

関連リンク

関連記事