NFMI技術で通信安定性強化

<CES>EARIN、完全ワイヤレスイヤホン「M-2」。タッチ操作や通話に対応

編集部:風間雄介
2017年01月04日
スウェーデンのEARINは3日、左右独立の完全ワイヤレスイヤホン新モデルとして「M-2」を発表した。2017年第一四半期の終盤に出荷開始する。

EARIN「M-2」

装着イメージ

M-2では新たにタッチ操作に対応。イヤホンをタッチすることで、電話を受けたり、音楽を再生・停止・曲送りすることが可能となった。1度のフル充電で3時間使用可能で、充電用のカプセルを併用することで最大12時間まで使用できる。

左右のイヤホンのあいだの通信は、デュアルアンテナを用い、またNXP Semiconductors社のNear Field Magnetic Induction (NFMI)技術を採用することで、安定性を高めた。

形状もこれまでのM-1の砲弾型のスタイルから、複雑な形状へと一新。これにより装着感と遮音性を高めているという。同種の製品として最小・最軽量であるとEARINでは説明している。

形状も一新した

関連記事