ビクタースタジオのモニターヘッドホンも

<ポタフェス>ボーズ、ワイヤレス訴求/JVC、WOODなど新モデル多数/マクセルのレビューでカセットが当たる

編集部:小野佳希
2016年12月17日
ヘッドホンなどポータブルオーディオ関連ブランドが集まるイベント「ポタフェス」が開幕。本稿ではボーズ、JVCケンウッド、ビクタースタジオ、日立マクセルのブース出展をレポートする。

■ボーズ

ボーズは、「QuietComfort 35 wireless headphones」や同社初のネックバンド型「QuietControl 30 wireless headphones」などを展示。「SoundLink around-ear wireless headphones II」や「SoundSport wireless Headphones」などBluetooth対応モデルを中心にブースを展開している。

QuietComfort 35 wireless headphones

QuietControl 30 wireless headphones

また、Bluetoothスピーカー「SoundLink Mini Bluetooth speaker II」なども展示。限定色のブラック/カッパーも用意し、スタッフの説明を熱心に聴き込む来場者の姿も見られた。

SoundLink Mini Bluetooth speaker II

■JVCケンウッド&ビクタースタジオ

JVCケンウッドは、“CLASS-S”製品群の新モデルである「WOOD inner」3機種とポータブルヘッドホンアンプ「SU-AX01」などを展示。

WOOD inner各モデルを試聴可能

これに加えて、“WOOD”「HA-FW7」やステンレスボディの“SOLIDEGE”「HA-FD7」、メタル採用ヘッドホン“SOLIDEGE”「HA-SD7」といった、新レーベル「N_W」の各機種も試せるようにしている。

「N_W」の各機種も試せる

そのほか重低音重視モデル「XX」も用意

そして同社とグループのビクタースタジオも隣にブースを展開。スタジオモニターヘッドホン「HA-MX100-Z」を体験できるようにしていた。

HA-MX100-Z

■日立マクセル

日立マクセル、ハイレゾ対応イヤホン“Graphene”「MXH-GD200」「MXH-GD100」や、ヘッドホン「MXH-MD5000」などを展示。同社ハイエンドモデル各種を体験できるようにしている。

“Graphene”「MXH-GD200」

MXH-MD5000

そして来場者に向けて“Graphene”のレビューキャンペーンも展開。同キャンペーンは、製品を試聴してレビューを記入すると1000円割引きクーポンをもれなくプレゼントするというもの。抽選でさらにカセットテープ「UD」復刻版も当たるようになっている。

レビューの記入でカセットテープ「UD」復刻版を抽選でプレゼント

関連記事