オンキヨー「桐ヘッドホン」の最終に近いプロトも展示

<ポタフェス>パイオニア、未発表の密閉型ヘッドホン高級機を参考出展 ー “価格はMASTER1の半分くらい”

編集部:小澤貴信
2016年12月17日
本日より東京・秋葉原で開催されているヘッドホン&ポータブルオーディオの一大イベント「ポタフェス2016」。オンキヨー&パイオニアは未発表製品を含む多数のモデルを出展した。中でも注目を集めているのは、パイオニアの密閉型ヘッドホンの高級機と、オンキヨーの桐を用いたヘッドホンの参考出展だ。

パイオニアの密閉型ヘッドホン試作機。価格帯は「旗艦モデルMASTER1の半分くらい」とのこと

参考出展されたパイオニアの密閉型ヘッドホンは、今回のイベントで初めて披露されたモデル。ドライバーには、セルロースナノファーバー振動板による50mmドライバーを搭載し、ハイレゾ再生にも対応するという。

ケーブルは着脱式を採用

同社の開放型フラグシップヘッドホン「SE-MASTER1」から、金属部品を使ってドライバーユニットをベース部に強固に固定して共振を抑制する“フルバスケット方式”や、ハンガーの連結部にゴム素材を用いての“フローティング構造”を継承したことも特徴。また、ドライバーを固定するためにマグネシウム合金製パーツを用いることで、さらなる音質向上を実現しているという。ケーブル着脱式で、リケーブルに対応する。

ヘッドバンド側から見たところ

気になる価格については現時点で未定だが、「SE-MASTER1(実売25万円)の半分くらいの価格になるのでは」とのことだった。発売時期も未定とのことだったが、製品の完成度を見る限り、近い将来の発売が期待できそうだ。

オンキヨーからは、「桐」素材のイヤーカップを採用することで和楽器の音響技術を採用したヘッドホンの試作機が出展された。これまでも度々試作機が披露されてきたが(関連ニュース)、今回出展されたモデルは外観と音質をより完成版に近づけた試作機とのことだ。

オンキヨーの「桐ヘッドホン」試作機

セルロースナノファイバー振動板を採用した50mmドライバーを搭載。桐製のイヤーカップの内側には和太鼓や琴に用いられる“彫り”が施され、これで音響チューニングを行っている。この彫りについては、以前から複数の手法が検討されていることが紹介されていたが、今回の試作機では「綾杉彫り」が用いられているとのこと。ただ、これが最終になるかは検討中とのことだった。

ヘッドバンド部は今後変更されるという

イヤーパッドも複数素材を検討中とのこと

会場には2通りの音質チューニングを施したデモ機を用意。1つは「マニア向けのチューニング」、もう1つは「より一般向けの、様々な音楽ジャンルに対応できるチューニング」にしているという。今回のイベントでの反応を鑑みて、最終仕様を検討していくという。

なお、イヤーパッドやヘッドバンドの使用は最終ではないとのこと。現在、素材、形状も含めて検討中とのことだった。本機も発売日・価格は未定とのことだが、そう遠くない将来の登場が予想される。

同じくオンキヨーブランドからは、2017年1月発売予定の開放型ヘッドホン「A800」(関連ニュース)も出展。発売前にそのサウンドを確認することができた。

オンキヨー「A800」

オンキヨーとパイオニアの最新DAP「DP-X1A」「XDP-300R」も出展された。ポタフェス期間中には「オンキヨーFacebookをシェアして、最新DAPを当てよう!!」と題した、DAPなどが当たるキャンペーンも実施。当日、同社が指定するオンキヨー公式Facebook内の投稿記事をシェアしたユーザーを対象に、くじ引きにて1日1台ずつ、「DP-X1A」「XDP-300R」がプレゼントされる。

ハイレゾDAPが当たるキャンペーンも実施

両DAPについては、新たに実装予定の歌詞表示機能に対応したUIを搭載したものも展示。今後のファームウェアアップデートにより配布予定で、会場ではいち早く本機能を体験することができる。

さらには、e-onkyo musicから12月21日にリリース/配信予定の人気声優・上田麗奈さんのデビューミニアルバム「RefRain」のハイレゾ音源を、DP-X1A/XDP-300Rで先行試聴できるデモも用意されていた。

関連記事