シリーズ3機種を展示

<IFA>ベイヤーダイナミック、DSP搭載のaptX対応BTイヤホン「Byron BTA」など

編集部:風間雄介
2016年09月04日
独ベイヤーダイナミックは、IFA 2016のShowStoppers会場でプロ用ヘッドホンの最上位モデル「DT 1990 PRO」を発表し、さらにaptX HD対応ヘッドホンも参考展示していた(関連ニュース)。IFA本会場の同社ブースにもこれらの製品が置かれ、賑わいを見せている。

beyerdynamic「DT 1990 PRO」

ドイツでは9月中旬に発売される「DT 1990 PRO」は開放型のモニターヘッドホン最上位機で、価格は599ユーロ。動画でもレポートをお伝えしているので、こちらも参照して欲しい。

aptX HD対応のヘッドホンは、まだ完全なプロトタイプとのこと。左側のハウジングにはディスプレイが設けられ、aptX HDロゴなどがスクロールしていたが、実際の発売時にこの表示部が用意されるかは未定だ。

aptX HD対応ヘッドホンの試作機。左側ハウジングにはディスプレイを搭載

また右側ハウジングはタッチディスプレイとなっており、上下方向のスワイプでボリュームのアップダウン、前後方向で曲送り・曲戻しが可能となっていた。

右側ハウジングではタッチ操作が可能

今回のIFAにあわせて先行発表されていたモデルはほかにもある。「Byron」シリーズ3製品がそれだ。ドイツではすでに発売されている。

シリーズ最上位の「Byron BTA」はBluetooth 4.2に対応したワイヤレスイヤホンで、価格は199ユーロ。コーデックはAACやaptXにも対応する。DSPも内蔵し、バランスの取れたサウンドを実現するという。

beyerdynamic「Byron BTA」

左右のイヤホンをつなぐ56cmのケーブル部には3ボタンマイクリモコンを備え、ハンズフリー通話も可能。またバッテリーも内蔵し、7.5時間以上の連続再生が行える。再生周波数帯域は10Hz〜25kHz。

「Byron BT」はBluetooth対応イヤホンのスタンダードモデルという位置づけで、価格は99ユーロ。Bluetoothのバージョンは4.1となる。aptXコーデックには対応しているが、AACには非対応。

「Byron BT」

Byron BTもケーブル長は56cmで、3ボタンのマイクリモコンを備える。連続再生時間は7.5時間以上。再生周波数帯域は10Hz〜23kHz。

Byronシリーズにはワイヤードの「Byron wired」も用意されている。ケーブル長は1.2mで、Android専用の3ボタンリモコンも装備。再生周波数帯域は10Hz〜23kHzとなる。

「Byron wired」

関連記事