オルトフォン、Sensaphonics、カナルワークス、コンプライも

<ポタフェス>SOULブースに「YOSHIKIヘッドホン」登場/AUDEZE、新技術“Fazor Element”採用ヘッドホン

ファイル・ウェブ編集部
2013年12月21日
e☆イヤホン主催のポータブルオーディオイベント「ポータブルオーディオフェスティバル(通称ポタフェス)」が、12月21日・22日の2日間にわたり東京・秋葉原で開催されている。本記事では、SOUL/AUDEZE/Cypher Labs/Unique Melody/Beat Audio/オルトフォン/Sensaphonics/カナルワークス/コンプライの出展内容をレポートする。

■SOUL

SOULのブースでは、X JAPANのYOSHIKIとコラボしたモデル「ANXJ-0001」の実機を展示しており、試聴も行える。本機はエベックスのアーティストコラボレーション製品サイトで販売されている台数限定モデルで、既に在庫はわずか。量販店での販売も店舗限定で、本イベントは貴重な試聴の場となっている。

SOUL「SL150」のYOSHIKIモデル

そのほか、フラグシップモデル「SL300」や、コンパクトでポップなでデザインで女性ユーザー層も意識した「LOOP」などの現行製品も一挙に用意されており、ブース内は試聴を行うユーザーで賑わっていた。

ブース内にはSOULヘッドホン/イヤホンの現行モデルがずらり


■AUDEZE/Cypher Labs/Unique Melody/Beat Audio

ミックスウェーブの取り扱い製品ブースでは、Cypher Labs、AUDEZE、Unique Melody、Beat Audioの各ブランドから新製品が登場した。

まずAUDEZEからは、新技術“Fazor Element(フェイザーエレメント)”を採用したヘッドホン2機種が出展されている。

LCD-X

LCD-XC

開放型の「LCD-X」と密閉型の「LCD-XC」をラインナップしており、2014年1月末頃の発売開始を予定しているとのことで、価格は14万〜23万円で調整中とのことだ。Fazor Elementは、内部の空気の流れを調整することで帯域のバランスを整える技術で、現在特許申請中だという。

開放型のLCD-Xのトランスデューサーは、様々なソースに対応できるように開発されているとのこと。密閉型のLCD-XCは木製イヤーカップを採用しており、素材にブビンガ材を採用。

続いてCypher Labからは、バランス駆動対応ポータブルヘッドホンアンプ「AlgoRhythm Duet」を出展。バランス駆動はマイクロタイプの4ピンコネクタを装備しており、同ブランドのポータブルDAC/DDC「AlgoRhythm Solo」との組み合わせを推奨した製品となる。こちらは発売日や価格等の詳細は未定。

AlgoRhythm Duet(AlgoRhythm Solo-dB・下と接続したところ)

AlgoRhythm Duetの端子部

さらに、内部に10基のドライバーを搭載するUnique MelodyのカスタムIEM最上位モデル「Mentor」や、赤いカラーが特徴的なBeat Audioの純銅製イヤホン用ケーブル「バーミリオン」も登場。Mentorは高域のほかにスーパートゥイーターを搭載する4ウェイ構成のモデルで、低域に4基、他帯域に2基ずつのドライバーを搭載している。バーミリオンはコネクタにMMCXと並行2ピン仕様の2種類を用意しており、39,800円ほどでの販売を想定している。

Mentor

バーミリオン

そのほかにもミックスウェーブのブースでは、JH Audioや1964 EARSのカスタムIEM製品、ALO audioやCEntranceのポータブルオーディオ製品など、同社の取り扱い製品が一挙に展示されている。


■オルトフォン

オルトフォンは、2014年1月発売を予定しているカナル型イヤホン「e-Q8」と、発売したばかりの真空管プリメインアンプ「Ta-Q7」の新製品2機種をメインに出展。“ポータブル”の言葉が付けられたイベントでありながら、同社のアナログプレーヤー「Solid Royal」を使用した高品位な試聴環境も用意している。

純銀線のコイルを採用したことが特徴のe-Q8

真空管プリメインアンプ Ta-Q7


アナログプレーヤー Solid Royalで試聴デモ
また、ブース内にはイヤホン従来モデル「e-Q5」「e-Q7」も用意されており、各機種の聴き比べも行える。


■Sensaphonics/J-phonic

Sensaphonics/J-phonicのブースでは、SensaphonicsブランドのカスタムIEMをメインにフィーチャー。同ブランドのカスタムIEMは、シリコン製のシェルを採用することで耳へのフィット性とともに安全性も高めていることが大きな特徴となる。

Sensaphonics/J-phonicブースの様子

SensaphonicsのカスタムIEMをメインにフィーチャー

さらに、Sensaphonicsを取り扱う国内向けブランドのJ-phonicからも、“耳型を取らなくて良いイヤモニ”「m2」「k2」シリーズを用意し、精力的な試聴デモを展開している。

m2/k2シリーズ


■カナルワークス

カナルワークスは、イベント当日に発売を開始したカスタムIEMの新モデル「CW-L32」「CW-L32V」(関連ニュース)を早速展示している。

CW-L32/CW-L32V

ブース内には、カスタムIEM従来モデルやシェルのデザインなどのサンプルもずらり

いずれもバランスドアーマチュアドライバーを低域に1基、中域に2基、高域に1基搭載する3ウェイ4ドライバー構成のカスタムIEM。2機種で異なるチューニングを施しており、CW-L32は楽器の再現性、CW-L32Vはボーカルの再現性を高めたモデルとなる。


■コンプライ

コンプライのブースでは、同社製のイヤホンチップ製品をラインナップ。その場で販売も行っており、ブース内は製品を購入する来場者で溢れていた。

ブース内でイヤホンチップの販売も実施

イヤホンチップを変えることでイヤホンリスニングを向上させられることをアピール

さらにブース内では、イヤホンチップを変えることでイヤホンの音質が変わることや、自分の耳に合ったイヤホンチップを選ぶことでさらに快適なイヤホンリスニングが可能となることもアピールしていた。