コンテンツの自動同期など

サイバーリンク、iOS/Android機器との連携強化したメディアプレーヤー「PowerDVD 12」

ファイル・ウェブ編集部
2012年01月31日
サイバーリンクは、iPhone、iPad、Android機器との連動機能を強化したメディアプレーヤーソフト「PowerDVD 12 Ultra」を発表。ダウンロード版を本日1月31日より、パッケージ版を3月2日より発売する。価格は下記の通り。

PowerDVD 12 Ultra

■ダウンロード版
・PowerDVD 12 Ultra 11,800円(税込)
・PowerDVD 12 Ultra アップグレード版 8,800円(税込)
・PowerDVD 12 Pro 9,500円(税込)
・PowerDVD 12 Pro アップグレード版 7,500円(税込)
・PowerDVD 12 Standard 4,980円(税込)

■パッケージ版
・PowerDVD 12 Ultra 12,980円(税込)
・PowerDVD 12 Ultra アップグレード版 10,980円(税込)
・PowerDVD 12 Pro 9,980円(税込)
・PowerDVD 12 Pro 特別優待版 7,980円(税込)
 ※パッケージ版については、初回生産限定特典としてライティングソフト「Power2Go LE」が付属

「スマート シンク」機能では、Android機器と「PowerDVD 12」の メディアライブラリーとの間で、設定したルールに基づいてコンテンツを自動で同期。また、転送時にはAndroid端末以外でもモバイル機器に合わせて最適なビデオフォーマットを自動で選択・変換を行う。これにより、iPhoneやiPad、Android タブレットやスマートフォンやデジタル家電など、様々なデバイス間でマルチメディアコンテンツのストリーミング、保存、共有を簡単に行えるという。

また、独自のアップスケーリング技術「TrueTheater」を搭載。さらに2Dの動画や静止画をリアルタイムに3D変換して再生することもでき、新たにBDソフト再生においても2D/3D変換へ対応した。

加えて、YouTubeの動画の再生、FacebookやFlickrの友人の写真のブラウズやスライドショー再生などを、PowerDVD12内で直接行うことが可能。コンテンツの再生にはTrueTheaterによる補正を適用し、ブラウザで表示するよりもより高画質にソーシャルメディア再生を楽しめるよう配慮している。

そのほか新たにDolby及びDTSの7.1chサラウンドへ対応。また、OGG、FLAC形式のロスレスオーディオ再生にも対応している。

なお、「Standard」版はブルーレイ再生や3D再生、AVCREC/AVCHD形式ディスク再生などには非対応。「Ultra」は3DTVが録画されたディスク再生も行えるが、「Pro」はこの機能に非対応であるなどの違いがある。バージョンごとの違いはこちらで確認できる。

関連リンク