ワイヤレス給電対応防水タブレットなども

東芝、有機EL搭載タブレットや新型テレビをCESに出展

ファイル・ウェブ編集部
2012年01月06日
東芝は、有機ELパネル搭載タブレットやタブレット連携対応の新型テレビなどをCES2012で出展する。

1月10日から米国ラスベガスで開催される家電見本市「2012 International CES」での出展内容を発表。スマートホームにおけるエネルギーマネジメントソリューション、テレビ、タブレット、ネットなどが連動した映像コンテンツの新しい楽しみ方などを提案し、「デジタル社会の新しいカタチ」を訴求するという。

タブレット/PC分野では薄型高輝度有機ELパネル搭載タブレット、ワイヤレス給電が可能な防水タブレットなどを参考展示。10.1型ワイドで世界最薄・最軽量のタブレット、13.3型ワイドで世界最薄・最軽量のウルトラブックを含む2012年PCの米国市場向け新ラインアップを出展する。

テレビについては、放送からビデオオンデマンドまで横断的にコンテンツを検索できる新機能を搭載し、タブレット用Appsによる連携にも対応した新商品を含め、2012年液晶テレビの米国向け新ラインアップを出展。さらに、欧州・日本市場で発表した4K2K/裸眼3D対応の55V型液晶テレビ「55X3」(関連ニュース)を参考出展する。

そのほか、スマートホームに関する出展も展開する。

関連リンク