ダイレクトパワーON/OFFにも対応

ベンキュー、“スマートエコ”モードを採用した3D対応DLPプロジェクターを発売

ファイル・ウェブ編集部
2011年12月13日
ベンキュージャパン(株)は、効率的に消費電力を削減しながら駆動できる「スマートエコ」モードを搭載した3D対応のDLPプロジェクター「MX514」を12月15日に発売する。価格はオープンだが、59,800円前後での販売が予想される。


MX514
本機はDLP方式を採用したマルチユースプロジェクター。解像度は1,024×768(XGA)、輝度は2700ルーメン、コントラスト比は1万対1。

ランプ設定を「スマートエコ」モードに設定すると、コンテンツの輝度レベルを自動検出し、ランプの消費電力を30〜100%の範囲でダイナミックに調整する機能を搭載した。スマートエコ使用時には、ランプ寿命約6500時間を実現している。

HDMIはVer.1.3の端子を搭載。オプションの3Dメガネ「3DGS-01」を組み合わせて、DLP Linkによる3D映像が楽しめる。

TI社の「BrilliantColor」技術を採用し、中間色の再現力を向上。赤と青の輝度も約15%向上させる「VIDI Lighting」技術も備えている。カラーホイールは色再現性を高めるため、RGB+白の4セグメントに黄色とシアンを追加した6セグメントホイールを採用する。

プロジェクターに電源が供給されると自動的に電源をONに、電源シャットダウン後に素速くプロジェクターの電源コードを外して片付けられる「ダイレクトパワーON/OFF」にも対応する。

【問い合わせ先】
ベンキュージャパン
TEL/03-5676-6040
新着記事を見る
  • ジャンルDLPプロジェクター
  • ブランドBENQ
  • 型番MX514
  • 発売日2011年12月15日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格59,800円前後)
【SPEC】●投写方式:DLP ●画素数:1024×768 ●輝度:2700ルーメン ●外形寸法:302W×124H×232.7Dmm ●質量:約2.45kg