VPS機能を搭載し「シネマDSP<3Dモード>」に対応

ヤマハ、機能強化と省エネを両立したエントリーAVアンプ2機種を発売

ファイル・ウェブ編集部
2011年04月27日
ヤマハは、AVアンプのエントリーモデル2機種を6月中旬に発売する。ラインナップは下記の通り。

・「RX-V471」¥49,350(税込)
・「RX-V571」¥61,950(税込)


RX-V571

RX-V471
先日、米ヤマハが発表した“71シリーズ(関連ニュース)”のうち2機種が、国内で正式リリースされたかたちとなる。

RX-V471は、従来モデル「RX-V467」の後継機。5.1ch再生まで対応し、HDMI端子は入力4系統/出力1系統を備えている。RX-V571は、従来モデル「RX-V567」の後継機で7.1ch再生に対応。HDMI端子は入力6系統/出力1系統を装備しており、1080p対応の映像アップスケーリング機能を備えている。どちらも実用最大出力は135W。

RX-V471(左)とRX-V571(右)の背面端子部。HDMI端子とスピーカーターミナルの数が異なる


RX-V471の前面端子部。一番左に3.5mmステレオミニを備える

RX-V571の前面端子部。471の3.5mmステレオミニ端子の位置にHDMI入力を備えている
なお、2機種の基本性能や本体デザイン、搭載するデバイスおよび回路などは同一となっている。従来機と比較し大きく強化された点として「バーチャル・プレゼンス・スピーカー(VPS)」機能の採用が挙げられる。VPSは中級機「RX-V767」以上のモデルに搭載されていたもので、フロントスピーカーの上方位置に仮想の2chプレゼンススピーカーを作り出す技術。これにより、独自の音場創成技術である「シネマDSP-plus」をベースに、空間の「高さ」方向の音場データを加えることで立体的なサラウンド空間を体感できる「シネマDSP<3Dモード>」に対応可能となった。筐体表面にも、新たな「シネマDSP 3D」と表示されたロゴを記載している。


VPS機能を搭載することにより、「シネマDSP<3Dモード>」に対応可能となった

筐体にはシネマDSP 3Dロゴがしるされている
加えて、圧縮音源を補間する「ミュージックエンハンサー」とシネマDSPモードの併用が可能となった点も、従来機より強化された点だ。中級機に搭載されていた、スクウェア・エニックスとの技術交流を経て開発したゲーム音場も採用している。

回路には、新たなハイブリッドICを搭載することで高周波数の歪みを改善。ディスクリートアンプの音質を目指している。搭載するデコーダーはドルビーTrueHD/DTS-HD Master Audio。総サラウンドプログラム数はRX-V471が34、RX-V571が38で、そのうちシネマDSPプログラム数は両機種とも17となる。


新たなハイブリッドICを採用することで、ディスクリートアンプに迫る高音質化を図る
加えて本機は「Made For iPod」「Made For iPhone」認証を取得しており、iPod/iPhoneのデジタル伝送にも対応する。また、オプションのiPod用ユニバーサルドック「YDS-12」や、Bluetooth オーディオレシーバー「YBA-10」を使用してiPod/iPhoneと連携させることもできる。なお、2機種ともiOS用コントロールアプリ「AV CONTROLLER App」での操作には対応していない。


本体前面にUSB端子を装備

iPod/iPhoneのデジタル入力に対応する
加えて入門機としての快適な操作性を目指し、機能面も強化。同社のエントリーモデルとして初めて日本語表示対応のGUIに対応した。表示は一階層だけの画面となる。また今回の2機種より、東芝の液晶テレビ“REGZA”との連携を強化しており、レグザリモコンで本機のGUI操作が行える。対応するREGZAはZ2シリーズ以降となる。


日本語GUIに対応

東芝の液晶テレビREGZAとの連携を強化
また、スタンバイ時の消費電力を大きく抑えた省エネ設計も、両機種の大きな特長だ。専用の電源回路を搭載することで、スタンバイスルーON時の消費電力1.2W以下を実現。従来モデルの消費電力が2.7W以下であったのに対し、50%以上をカットしている。また、本体がスタンバイ中でも付属のリモコンでHDMI入力の切換が行える「インプットスタンバイセレクト機能」を搭載。省エネ性能と同時に使い勝手の良さも確保した。オートパワーダウンの設定も行える。動作時の消費電力は175W。

従来モデル“67シリーズ”と比較し、待機時消費電力を50%カット

「インプットスタンバイセレクト機能」で、スタンバイ中でも付属のリモコンでHDMI入力の切換が行える「インプットスタンバイセレクト機能」を搭載し、スタンバイ中でも付属のリモコンでHDMI入力の切換が行える


オートパワーダウン機能も備えている
そのほか、オーディオリターンチャンネルや、ヤマハ独自の音場補正技術「YPAO」など従来機の備えていた機能にも引き続き対応している。

付属のリモコンは基本的に従来モデルと同様のボタン配列を採用し、バックが黒基調のデザインとなった。音量操作のボリュームは高品位なスピン加工を施している。また再生画面のボリューム表示など、ショートメッセージを非表示にすることもできるようになった。

バックが黒基調のデザインとなった付属リモコン

再生画面のボリューム表示など、ショートメッセージを非表示にすることもできる

【問い合わせ先】
ヤマハ(株)
お客様コミュニケーションセンター
オーディオ・ビジュアル機器ご相談窓口
TEL/0570-011-808
TEL/053-460-3409

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルAVアンプ
  • ブランドYAMAHA
  • 型番RX-V571
  • 発売日2011年6月中旬
  • 価格¥61,950(税込)
【SPEC】 ●実用最大出力:135W ●音声入力:AV5/AV6/AUDIO/V-AUX/光デジタル/同軸デジタル/ドック/USB ●映像入力:コンポーネント×2/コンポジット×5 ●HDMI:入力6/出力1 ●HDMIアップスケーリング:1080p対応 ●総サラウンドプログラム数:38(うちシネマDSPプログラム数17) ●消費電力175W ●待機時消費電力:1.2W(HDMIコントロール/スタンバイスルーON時) ●外形寸法:435W×151H×3663Dmm ●質量:8.3kg
  • ジャンルAVアンプ
  • ブランドYAMAHA
  • 型番RX-V471
  • 発売日2011年6月中旬
  • 価格¥49,350(税込)
【SPEC】 ●実用最大出力:135W ●音声入力:AV5/AV6/AUDIO/V-AUX/光デジタル/同軸デジタル/ドック/USB/ステレオミニ ●映像入力:コンポーネント×2/コンポジット×5 ●HDMI:入力6/出力1 ●総サラウンドプログラム数:34(うちシネマDSPプログラム数17) ●消費電力175W ●待機時消費電力:1.2W(HDMIコントロール/スタンバイスルーON時) ●外形寸法:435W×151H×3663Dmm ●質量:8.2kg

関連記事