3Dの奥行き調整や2D→3D変換も可能

パナソニック、Blu-ray 3DやBDXL再生に対応したSTBを発売 − 「アバター」Blu-ray 3Dもプレゼント

ファイル・ウェブ編集部
2011年01月28日
パナソニック(株)は、Blu-ray 3Dの再生にも対応したHDD内蔵STB「TZ-BDT910M」「TZ-BDT910F」「TZ-BDT910P」を3月より発売する。価格は全てオープン。

TZ-BDT910M

TZ-BDT910F

TZ-BDT910P

いずれのモデルも基本機能は同様。ユーザーが契約する各事業者から最適なものが提供されるかたちとなる。

新製品はBlu-ray 3Dの再生や、3D映像の奥行き/飛び出しをコントロールできる「3D奥行きコントローラー」、「2D→3D変換」機能を搭載したほか、BDXLの再生にも対応するのが大きな特徴だ。画像処理エンジンには「新ユニフィエ」を採用し、Blu-ray 3D再生時にも映像のディテールや質感を忠実に再現可能だという。

また、500GBのHDDを内蔵。フルHDでの2番組同時録画のほか、「新アドバンスドAVCエンコーダー」により、DRモードと比較して約15倍のフルHD長時間録画も可能だ。録画した番組などをSDカードに書き出してワンセグ対応携帯電話などで楽しめる「新・番組持ち出し」、BDパッケージに記録されたコンテンツをSDカードに転送する「e-move」などにも対応する。

インターフェースにはD端子、HDMI1系統、光デジタル音声出力やi.Link端子、USB端子、LAN端子などを搭載。DLNAサーバー/クライアントとしての利用や、別売りのUSBアダプターを接続して無線LAN利用などができる。

なお導入キャンペーンとして、初回出荷から2011年6月出荷分まで「アバター」Blu-ray 3D(現在市販なし)がプレゼントされる。


【問い合わせ先】
パナソニック システムお客様ご相談センター
TEL/0120-878-410
新着記事を見る
  • ジャンルSTB/ホームサーバー
  • ブランドPANASONIC
  • 型番TZ-BDT910M
  • 発売日2011年3月
  • 価格¥OPEN
  • ジャンルSTB/ホームサーバー
  • ブランドPANASONIC
  • 型番TZ-BDT910F
  • 発売日2011年3月
  • 価格¥OPEN
  • ジャンルSTB/ホームサーバー
  • ブランドPANASONIC
  • 型番TZ-BDT910P
  • 発売日2011年3月
  • 価格¥OPEN