トレック社規格を推進

東芝、無線LAN内蔵SDカードの普及促進団体を設立 − カメラメーカーなどに参加呼びかけ

ファイル・ウェブ編集部
2010年06月22日
(株)東芝は、Wi-Fi準拠の無線通信機能を内蔵したSDカードの普及促進団体「無線LAN内蔵フラッシュメモリカード共同規格策定フォーラム」を6月29日に設立する。

東芝が幹事会社となるほか、同規格の提案社であるシンガポールの電子部品メーカー、トレック2000インターナショナル社(Trek 2000 International Ltd)が参加する。今後カメラメーカーなどに広く参加を呼びかけていくという。

本フォーラムで普及促進する無線通信機能内蔵型SDカードは、Wi-Fi準拠の無線LAN通信機能を内蔵したSDカード。無線LAN規格はIEEE 802.11 b/g(2011年発売の次世代モデルでは802.11 b/g/n準拠)、容量は8GB、対応フォーマットはJPEG、RAW。SDメモリーカード規格に準拠し、SDHCに対応したスロットを搭載したデジカメ等で使用できる。通信機能を搭載していない機器でもPCを介さずに機器同士で画像データの送受信などが行えるようになる。


東芝は「今後、広く他メーカーにも参加を呼びかけ、無線通信機能内蔵型カードの普及促進を図るとともに、共通仕様の策定や対応製品展開に必要な技術情報の交換を行っていく」としている。

フォーラムの概要
・名称:無線LAN内蔵フラッシュメモリカード共同規格策定フォーラム(仮称)
・幹事会社:株式会社 東芝
・設立日:2010年6月29日

なお無線LANを内蔵したSDカード型メディアとしては米Eye-Fi社が開発した「Eye-Fi」カードが先行しており、国内でも発売されている。

関連リンク