発売前の機器をいち早く体験!

シャープ、アキバで今週末開催の「音展」に3Dテレビや発売前のLED AQUOSなど出展

Phile-web編集部
2009年11月09日
11月13日(金)から15日(日)まで、秋葉原UDXと富士ソフトアキバプラザ、秋葉原電気街をメイン会場に開催される「オーディオ&ホームシアター展 in AKIBA 2009」(音展 in AKIBA 2009)。本日、シャープが音展での展示内容を明らかにした。

シャープの出展内容を紹介する前に、音展の概要についておさらいしておこう。音展は、これまでパシフィコ横浜で開催されていた「A&Vフェスタ」が、会場を秋葉原に移し、コンセプトを新たに展開する大型の回遊型イベント。

メイン会場である秋葉原UDXの2階は「音展スクエア」という名称で、オーディオビジュアルメーカーはもちろん、ハウジングやリフォームメーカーも出展し、生活空間提案を中心に行う。また富士ソフトアキバプラザの5/6階では、AV/オーディオ機器の試視聴ルームを展開し、オーディオ機器やシアター機器をじっくりと体験することができる。

秋葉原という地の利を活かし、周辺の電気店とのコラボレーションも実現。音展の開催を記念した特別セールや試聴会なども行われる予定だ。さらに期間中は秋葉原だけでなく、八丁堀や有楽町、丸の内地区など近隣地区にあるメーカー/輸入販売代理店のショールームでも特別イベントが開催される。

シャープがブースを展開するのは秋葉原UDXの2階。45m2という同フロア中最大のブースでは、3つのテーマで展示を行う。いずれも周辺の店舗では見ることのできない、新製品や新技術をフィーチャーした内容となっている。

まず1つ目は、当サイトでも特別レポートを掲載している「LED AQUOS」を使ったホームシアター体感コーナー。展示されるのは60V型の「LC-60LX1」で、11月25日に発売される本機をいち早く体験できる貴重な機会となる。本機はAQUOSブルーレイやAQUOSオーディオとHDMIで接続されており、「AQUOSファミリンクII」による操作も試すことができる。またこのコーナーには、シャープのLED電球も設置されており、電球色から昼白色まで、光の色を段階的に変えられる「調色機能」も体験できる。

“LED AQUOS”「LC-60LX1」

2つ目は、LED AQUOSに搭載されたUV2Aパネルを体験できるコーナー。これまでのASV液晶パネルとUV2Aパネルを見比べることができ、そのコントラスト比の高さ、黒の沈み込み、視野角の広さなどが一目でわかる構成となっている。

3つ目は「フルHD 3D液晶テレビ」の展示。フレームシーケンシャル方式を用いた3D映像を60V型テレビに表示。アクティブシャッター式のメガネで迫力の3D映像を楽しめる。デモに使われる映像は恐竜やスポーツなどの内容を予定している。今年のCEATEC会場でも各社が3Dテレビを出展し、長蛇の列ができたのは記憶に新しい。シャープの本コーナーも大きな人気を集めることが予想されるので、会場を訪れたら早めにチェックしてみて欲しい。

最近、シャープのプラズマクラスターイオン発生器が、ウィルスの抑制効果によって大きな注目を集めているが、同社の業務用のプラズマクラスターイオン発生器が、音展会場に計47台使用されることも紹介しておきたい。1台で約30畳をカバーする機器がこれだけ多く使われるので、会場内は常に綺麗な空気に保たれることだろう。