高音質ヘッドホンアンプを内蔵

オーディオテクニカ、同社初のBluetooth対応ワイヤレスヘッドセット「ATH-BT02/02T」を発売

Phile-web編集部
2009年10月15日
(株)オーディオテクニカは、同社の09年秋冬製品発表会を開催。ブランド初となるBluetooth対応のワイヤレスヘッドセット「ATH-BT02」を11月20日に発売する。

「ATH-BT02」(ホワイト)


ブラック

ブルー
・「ATH-BT02」(Bluetooth対応ワイヤレスヘッドセット)/¥OPEN(予想実売価格9,800円前後)
・「ATH-BT02T」(Bluetooth対応ワイヤレスヘッドセット)/¥OPEN(予想実売価格9,800円前後)

ラインナップはAV家電系の売り場をメインに展開する「BT02」がブラック/ブルー/ホワイトの3色、携帯電話売り場をメインに展開する「BT02T」がブラックとホワイトの2色を揃える。

ともにBluetoothプロファイルはA2DP/AVRCP/HFP/HSPをサポートする。コントローラー部にマイクを内蔵しており、ハンズフリー通話が行えるSCMS-T方式のコンテンツ保護にも対応しており、ワンセグ放送もワイヤレスで視聴できる。音切れが起こりにくい標準規格Ver.2.1+EDRが採用され、最大通信距離は見通しの良い環境であれば10m以内をカバー。使用周波数帯域は2.4GHz帯。


イヤホン部は12.5mm口径のドライバーを搭載

コントローラー部にはヘッドホンアンプを内蔵
イヤホン部は12.5mm口径のドライバーを搭載。ドライバーの不要振動を抑え、クリアな中高域を再生する真鍮製スタビライザーが採用されている。再生周波数帯域は20〜24,000Hz、インピーダンスは16Ω。


充電はUSBで行う

オーディオテクニカならではの音質を追求したモデルとなっている
エフェクトボタンで「SRS WOW HD」のON/OFF操作も可能。低ノイズでクリアな再生が楽しめるヘッドホンアンプも内蔵している。アンプ部の電源は内蔵リチウムポリマー充電池。USBケーブルで充電が行える。コードは0.6mの左右同一長Y型タイプ。質量は22g。L/M/S/XSサイズのイヤーピースが付属する。

【問い合わせ先】
オーディオテクニカ相談窓口
TEL/0120-773-417
(携帯電話などからは03-6746-0211)
新着記事を見る
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドAUDIO-TECHNICA
  • 型番ATH-BT02
  • 発売日2009年11月20日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格9,800円前後)
<コントローラー部>●通信方式:Bluetooth 標準規格 Ver.2.1+EDR 準拠 ●出力:Bluetooth 標準規格 Power Class2 ●最大通信距離:見通しの良い状態で10m以内 ●使用周波数帯域:2.4GHz帯(2.402GHz〜2.480GHz) ●対応Bluetooth プロファイル:A2DP AVRCP HFP HSP ●対応コーデック:SBC ●対応コンテンツ保護:SCMS-T方式 ●質量:22g
<ヘッドホン部>●型式:ダイナミック型 ●ドライバー:φ12.5mm ●出力音圧レベル:104dB/mW ●再生周波数帯域:20〜24,000Hz ●インピーダンス:16Ω ●コード長:0.6m(Y型)
<マイク部>●型式:エレクトレットコンデンサー型 ●指向特性:無指向性 ●感度:-44dB(1V/pa、at1kHz)
  • ジャンルヘッドホン(単体)
  • ブランドAUDIO-TECHNICA
  • 型番ATH-BT02T
  • 発売日2009年11月20日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格9,800円前後)
<コントローラー部>●通信方式:Bluetooth 標準規格 Ver.2.1+EDR 準拠 ●出力:Bluetooth 標準規格 Power Class2 ●最大通信距離:見通しの良い状態で10m以内 ●使用周波数帯域:2.4GHz帯(2.402GHz〜2.480GHz) ●対応Bluetooth プロファイル:A2DP AVRCP HFP HSP ●対応コーデック:SBC ●対応コンテンツ保護:SCMS-T方式 ●質量:22g
<ヘッドホン部>●型式:ダイナミック型 ●ドライバー:φ12.5mm ●出力音圧レベル:104dB/mW ●再生周波数帯域:20〜24,000Hz ●インピーダンス:16Ω ●コード長:0.6m(Y型)
<マイク部>●型式:エレクトレットコンデンサー型 ●指向特性:無指向性 ●感度:-44dB(1V/pa、at1kHz)