沢村一樹さんの下ネタトークも炸裂

日立、3D対応“Woooケータイ”PRイベントを開催 - 伊東美咲さんらが登場

Phile-web編集部

前のページ 1 2 次のページ

2009年02月18日
(株)日立製作所は、3D立体表示に対応した“Woooケータイ”のプロモーションイベントを実施。イベントには、同製品のイメージキャラクターを務める伊東美咲さんや、3D映画「センター・オブ・ジ・アース」の吹き替えを担当した俳優の沢村一樹さん、そして3D映像評論家の大口孝之氏が出席し、同製品の魅力などについて語った。

“Woooケータイ”「H001」

本イベントは、世界で初めて3D立体表示に対応したau用携帯電話端末である“Woooケータイ”(関連ニュース)をPRするもの。全スクリーンがデジタルシネマに対応しているシネマコンプレックス「新宿バルト9」(関連ニュース)を会場に、トークイベントや3D映像上映が行われた。

イベントでは、冒頭で司会者が“Woooケータイ”の特徴を説明。専用メガネなどを必要とせずに3Dコンテンツを楽しめること、さらには自分が撮影した写真なども3D化可能であることなどに触れ「3D時代の象徴となる携帯電話なのではないか」と、同製品の魅力を語った。

製品説明に続いては、3D映像をスクリーンで上映。3月15日にBDとDVDの発売を控える3D作品「センター・オブ・ジ・アース」(Amazon)と、3月7日より公開予定である、ロックバンドU2のライブ映画「U2 3D」(公式サイト)のトレーラー映像を上映した。

スクリーン上映で使用された3Dメガネ


「センター・オブ・ジ・アース 3D プレミアム・エディション ブルーレイディスク〈初回限定生産〉」¥6,090(税込)。発売元:ギャガ・コミュニケーションズ/販売元:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

「U2 3D」公式サイトトップページ

その後、「おそらく立体映画用メガネなどの世界一のコレクターだ」と本人が語る3D映像評論家の大口孝之氏が登壇。世界最古の1922年製3D用メガネも所有しているという大口氏が、“Woooケータイ”が持つ3D表現能力の魅力などについて説明した。

大口孝之氏

「本気で“Woooケータイ”欲しい(笑)」という大口氏は、本製品には2つの画期的な技術があるとコメントする。

一点は、20世紀初頭に発表されながらも今まで実現していなかった、メガネ不要の3D映像表示を実用化したこと。「3Dには、映像ソースにも凄く高い解像度が必要で、必然的に液晶にも高い解像度が求められる」と3D映像の特徴に触れ、搭載されているVGA IPS液晶を高く評価した。

そしてもう一点は、2D3D変換機能を搭載していること。通常は2台のカメラで撮影する必要のある3D映像を、内蔵プログラムにより1台のカメラで実現した点について大口氏は言及。「ハリウッド映画でも、“ナイトメアー・ビフォア・クリスマス”など過去の作品を3D化した事例があるが、ほとんど手作業でおよそ1年ほどの期間がかかった」とコメントし、ワンプッシュで自動的に3D変換を行う本製品を「もの凄いこと。世界に誇っていい。ハリウッドにもない技術だ」と褒め称えた。

沢村一樹さんの下ネタに伊東美咲さんもタジタジ!?

前のページ 1 2 次のページ