オリンパス、マイクロフォーサーズシステム規格準拠のデジタル一眼カメラなどの開発を発表

2008年09月22日

マイクロフォーサーズシステムのロゴ

フォーサーズシステムに準拠して開発中の製品
オリンパスイメージング(株)は、デジタル一眼カメラシステムの新規格「マイクロフォーサーズシステム」に準拠したレンズ交換式デジタル一眼カメラを開発中であると発表した。

「マイクロフォーサーズシステム」は同社と松下電器産業(株)とが共同で開発したレンズ交換式デジタル一眼レフカメラシステムの専用規格。フランジバック(マウントと撮像素子との間隔)を短縮することなどにより、カメラおよびレンズの大幅な小型化を可能にするというもので、先日にはパナソニックより同規格に準拠した「DMC-G1」の発売が発表されている(関連ニュース)。

製品は開発中で、商品化の時期や型番、価格などは現時点で未定となっているが、コンセプトモックアップを9月23日から28日までドイツ・ケルンメッセで開催される世界最大規模の映像機材総合見本市「フォトキナ2008」に参考出品するという。

また、「フォーサーズシステム」に準拠した中級機タイプのレンズ交換式デジタル一眼レフカメラを開発中であることも併せて発表された。

フラグシップ機の「E-3」と普及機の「E-520」との中間に位置する中級機となり、「E-3」の持つ11点全点ツインクロスセンサーによる高速AFシステム、最大5EVステップの補正効果を実現したボディー内手ぶれ補正機構などの特徴を継承する。

発売は2009年第1四半期(1-3月)を予定しており、本開発製品も「フォトキナ2008」に参考出品される。

【問い合わせ先】
オリンパス
カスタマーサポートセンター
TEL/0120‐084215

(Phile-web編集部)