マクセルと三菱化学、BD/HD DVD の共同開発を完了 − 市場にあわせ商品化

2006年06月05日

日立マクセル(株)と三菱化学メディア(株)は、2001年より進めてきた次世代光記録メディアの共同開発を完了したと発表。Blu-ray Disc、HD DVDともに市場の立ち上がりにあわせ、両社ブランド名で商品化していく。

両社は、2001年7月より次世代光記録メディアの開発に関し、両社の得意分野を融合させ、開発スピードの向上と効率化を図ることを目的として共同開発をスタート。2002年7月以降には両社の開発陣が日立マクセル社の開発本部に集結し、青色レーザーに対応した記録型ディスクの開発を推進してきた。

今回、Blu-ray Disc、HD DVDの各種フォーマットに対応した量産技術(マスタリング技術、成型技術、カバー層形成技術、2層媒体製造技術など)を確立し、記録型Blu-ray Disc、HD DVDの全製品においてディスクの製品設計が完了した。

今後両社は、それぞれ生産体制を整え量産化を図り、市場の立ち上がりに合わせ商品化を行っていくという。

(Phile-web編集部)