〜HDMIケーブル スクランブルテスト2006〜 日本ビクター「VX-HD130」編

2006年04月26日
「HDMIケーブル スクランブルテスト2006」の第8回目は、日本ビクター製HDMIケーブル「VX-HD130」(3m)をレポート致します。

ビクター製HDMIケーブルは、黒い被覆のごくシンプルなモデルです。プラグ部には金メッキ処理が施され、ノイズ防止用の強化シールドが使われています。メートルのラインナップは1m、1.5m、2m、3m、5mの計5種類。HDMIケーブルの他、HDMI-DVI変換ケーブルがあります(1.5mと3mの2種類)。細身で取り回しが容易なモデルなので、テレビ裏などの狭いスペースにも重宝しそうです。(TEXT.AVREVIEW編集部)


VH-HD130
●コストパフォーマンスに長けた エントリーユーザー向けHDMIケーブル

このモデルも比較的リーズナブルに購入できるHDMIケーブルの1つ。
SDソースをスケーリング出力した場合も十分な信号伝達力を担っていた。ただ質感の表現力が物足りないところもあり、心なしか情報を取り残している感じを受けた。エッジの切れが甘く、画素サイズも少し大きめなので、ソフトフォーカス系の画作りのようだ。
HDソースの視聴でも同じような傾向が現れた。特性的に微細情報を取り残すのか、エッジに甘さが見えてしまう。光のダイナミックレンジ、それにキリッとしたシャープ感を詰め込むよう努めてもらえば、良化してくるはず。ただ、全体の明るさは大きく下がることは無く、この点は評価できよう。
上質さは映像の生命線でもあり、特にHDなどのソースはそうしたクオリティを備えているだけにケーブルもシビアになりやすい。
ハイクラスのモデルと比較してしまうと前述した点が見えるが、同じ価格帯では総合的にバランスもよく、CPに優れたケーブルであることを付け加えたい。(TEXT.村瀬孝矢)


注:「月刊AVREVIEW 2006年4月号」掲載の記事(99p)を一部加筆・修正したものです。
新着記事を見る
  • ブランドVICTOR
  • 型番VX-HD130
  • 発売日2004年11月下旬
  • 価格¥7,770(3m)
【SPEC】
●ラインナップ:¥OPEN(1m)、¥5,565(1.5m)、¥OPEN(2m)、¥7,770(3m)、¥OPEN(5m) ●導体:高密度編組線 トリプルシールド ●プラグ部:金メッキ処理、強化シールドプラグ ●その他フィーチャー:ツイストペアケーブル採用 ●問い合わせ先:日本ビクター(株) お客様ご相談センター TEL:0120-2828-17

関連記事