東芝、DVDレコーダー“RDシリーズ"のバージョンアップソフトをダウンロード販売

2006年03月22日

RD-X5
(株)東芝は、同社直販サイト「Shop1048」において、DVDレコーダー「RD-X5」「RD-XS46」「RD-XS36」のバージョンアップソフトウェアを3月27日からダウンロード販売する。

今回販売されるバージョンアップソフトウェアの名称は「RD-X5EX」「RD-XS46EX」「RD-XS36EX」。価格はそれぞれ2,980円(税込)だが、3月27日(月)14:00〜31日(金)17:00の期間のみ2,480円(税込)で販売される。

バージョンアップされる機能は、連続ドラマの最終回等で番組の録画時間帯が延長になる場合に、EPGのデータを使って自動的に終了時間を変更する「ドラマ延長機能」、野球中継などが放送延長になった場合、EPGのデータを使って自動的に終了時間を変更する「スポーツ延長II」、全国のWEPG対応モデルユーザーがiNETの番組表で録画予約している番組を集計し、ランキングを表示したり(予約ランキング)、過去の録画履歴などを元に番組を推薦してくれる「おすすめサービス」、LPモードでも高解像度の録画が可能な「LPモード高解像度記録」の4つ。

バージョンアップは、PCにダウンロードしたファームウェアをCDに書き込み、レコーダーで読み込むことで行うことができる。

【問い合わせ先】
(株)東芝
RD・Shop1048専用モデル購入ご相談ダイヤル
TEL/050-5514-1430

(Phile-web編集部)

関連記事