オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
新開発ウーファーを搭載

クリプトン、シリーズ最小の密閉型スピーカー「KX-0.5」 ー 18.5万円/ペア

編集部:小澤貴信
2017年09月13日
クリプトンは、ハイレゾ対応の2ウェイ密閉型スピーカー「KX-0.5」を10月上旬より発売する。価格は185,000円/ペア(税抜)。

「KX-0.5」

表面にはスモークユーカリの自然材による突き板を採用

クリプトンのHi-Fiスピーカーシステムは、フラグシップモデル「KX-1000P」を頂点として、上位から「KX-5P」「KX-3P II」「KX-1」と展開されているが、ここに最も廉価なエントリーモデルとしてKX-0.5が追加されたかたち。

これまでのラインナップで一貫して採用されてきた密閉型方式を本機も採用。一方で筐体の小型化を実施して、ウーファーも140mm径に小型化された(従来モデルはすべて170mm径)。このウーファーユニットは新規に開発されたもので、カーボンポリプロピレン(CPP)コーンを採用。トゥイーターは上位機と同様に50kHzまでの再生が可能な砲弾型イコライザー付リングダイアフラム型トゥイーターを搭載した。

「KX-1」(左)と「KX-0.5」(右)。KX-0.5はエンクロージャーが一回り小さい

なお、本機はKX-0.5(ケーエックス・ポイントファイヴ)と呼称するとのこと。価格とサイズを抑えつつ、クリプトンが培ってきた密閉型スピーカーならではのサウンドを実現するべく開発されたという。エンクロージャー表面には、同社スピーカーでは初というスモークユーカリの自然材による突き板が採用された。

発表会では同社のオーディオ事業部長である渡邊勝氏がKX-0.5について詳細を説明してくれた。なお、渡邊氏のスピーカー開発の思想についてはこちらの記事で詳しく紹介しているが、本機にもそのノウハウが全面的に投入されているので参考にしてほしい。

オーディオ事業部 部長の渡邊勝氏

KX-0.5のひとつのテーマは「小型化」だったという。同社では各スピーカーで一貫してクルトミューラー製ペーパーコーンによる170mm径ウーファーを採用してきたが、KX-0.5では小型化を実現するために、新たに140mm径 カーボンポリプロピレン(CPP)コーン・ウーファーが開発された。

このウーファーは、140mm径のユニットとしては難しいという低域共振周波数(f0)を50Hzに設定することを目指して設計。高能率化と大幅振幅時の磁気回路外れへの対応を実現することで、より歪みの少ないウーファーに仕上げたという。

新規開発された140mmウーファー

フェライトマグネットを採用した磁気回路も新規に設計。同社では上位モデルでアルニコマグネットによる磁気回路にこだわってきたが、下位モデルでは高価なアルニコが難しいため、2015年登場のKX-1ではフェライトで“アルニコライク”な磁気特性を実現することに挑んだ。その際のノウハウが本機にも用いられた。

磁気回路においては、エッジワイズによるロングトラベル4層巻きのボイスコイルを採用。線積率を上げることで、高能率かつトランジェントの良い低域再生を可能にしたという。

ウーファーユニットのコーンには、軽くて剛性が高いカーボンポリプロピレン・コーン(CPP)を採用した。

トゥイーターには、上位モデルと同様に35mm径の砲弾型イコライザー付リングダイアフラム型トゥイーターを採用。再生周波数に応じて中央部と周辺部が実質的に2ウェイ駆動するこのトゥイーターにより、50Hzまで再生周波数帯域を確保している。

上位機と同様に砲弾型イコライザー付リングダイアフラム型トゥイーターを採用

エンクロージャーは、針葉樹系の高密度パーチクルボードとMDFで構成。表面はスモークユーカリの自然材による突き板として、ポリウレタン塗装で仕上げている。これにより木目の美しい高級感と、不要振動を抑えた優れた振動特性を両立させたという。

2ウェイのクロスオーバーネットワークには、抵抗値の低い直径1.2mmの空芯コイル、ケース入りのピッチ材で振動を抑えた低損失メタライズドフィルムコンデンサーなどを採用。デバイディングネットワークはインピーダンスマッチング型としてクロスオーバー周波数も新設計した。

渡邊氏は「比較的に短い年月で性能が落ちる可能性がある電解コンデンサーは一切使わないのが私のポリシー」とコメント。そのためにフィルムコンデンサーを用いているという。また、ピッチ材で固めることで、フィルムコンデンサー特有の振動の影響を排除している。

スピーカースタンドに設置したKX-0.5

内部配線材にも定評のあるケーブルを採用、さらにケーブルや素子間の結線は半田フリーのかしめ方式としている。半田の音質への影響を回避するために、半田フリーを徹底しているとのこと。

密閉型スピーカーにおいて非常に重要なポイントとなる吸音材には、天然ウールの低密度フェルトを採用。低音の質を決定するという低域制動(Q0)を最適に調整することで、優れたウーファーの低域特性と相まって、トランジェントの良い伸びやかな低音を実現している。

こちらの記事でも紹介したが、密閉型スピーカーにおいてはこの吸音材の分量や配置が非常に重要になる。吸音材を最適に配置することで、エンクロージャーのサイズが大きくなったような効果が得られるという。本機においても、渡邊氏が密閉型スピーカーを長年手がける中で得た職人技とも言えるノウハウが投入されている。

再生帯域は50Hz〜50kHz、クロスオーバーは3.5kHz、インピーダンスは6Ω、出力音圧レベルは87dB、定格入力は40W、最大入力は120W。外形寸法は194W×352H×295Dmm、質量は7.4kg。

関連記事