オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
アコースティックラボ蔵前ショールームにて

マランツの旗艦SACDプレーヤー「SA-10」と歴代の名機たちとの比較試聴会が今週金曜夜に開催

編集部:小野佳希
2017年09月11日
アコースティックラボは、同社の防音ショールームでマランツの旗艦SACDプレーヤー「SA-10」と歴代のCD/SACDプレーヤーを比較試聴できるイベント『オーディオライブin蔵前Village【マランツ】』を今週9月15日(金)の18時から開催する。


・日時:9月15日(金)18時〜20時(17時開場)
・会場:アコースティックラボ蔵前ショールーム(各線浅草橋駅より徒歩)
 (台東区柳橋2-19-10 第二東商センタービル2号館B棟1階)

現行のフラグシップSACDプレーヤー「SA-10」と歴代のSACDプレーヤーとを比較試聴。SA-10のほかは、1985年発売の「CD-34」、2000年発売の「SA-1」、2006年発売の「SA-7S1」という3機種が用意される。なおアンプは「PM-10」をコンプリートバイアンプにて使用する。

イベントにはマランツのスタッフも講師として登場。当時の代表的なモデルの詳細、CDやSACDの裏話、当時の歴史的背景などの解説も行われる。

参加は無料だが事前の申し込みが必要。現在、公式サイトのメールフォームおよび下記問い合わせ先にて申し込みや問い合わせを受け付けている。

また、来週9月22日(金)にはデノン「PMA-60」の試聴会も実施。同社ショールームに設置している802D3や805D3をどのように鳴らすのかをデモするという。こちらもメールフォームから参加申し込みが行える。

関連記事