オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
285万円

ノア、ブルメスターのプリアンプ「088」ー 専用モジュールでフォノ/DACを搭載可能

編集部:小澤貴信
2017年09月06日
(株)ノアは、Burmester(ブルメスター)のプリアンプ「088」を9月8日より発売する。価格は2,850,000円(税抜、オプションモジュール1基分の価格を含む)。

「088」

2009年に発売されたリファレンス・プリアンプ「077」で採用した技術を継承した最新プリアンプ。同社が誇るピュアDCバランス・アンプ回路を搭載する。

同社の伝統的な回路構成、および独自のX-AMPテクノロジーを採用。信号系にカップリングコンデンサーを一切使用せず、Aクラス動作を行うアンプ設計として、正確で歪みのない低域再生を可能としている。

本機の内部基板(右)と「X-AMP2」回路(左)

また、077と同様に左右が独立したデュアルモノ構成を採用。最適なチャンネルセパレーションと相互干渉の抑制を実現した。

本機も、ブルメスターならではの極厚クロム仕上げによるラグジュアリーなフロントパネルを採用。入力セレクターとボリュームには077と同様の大型ロータリーエンコーダーを採用している。

音量調整は、ラッチ式エンコーダーにより、1dBごとに高精度抵抗器をリレー切り替え制御する60ステップの抵抗方式を採用。ノイズや小音量時のギャングエラーを徹底的に回避している。

本機のフロントパネル

各機能の切り替えは、本体フロントのトグルスイッチを使用。操作フィーリングや質感にもこだわっているという。

入力はXLRバランスを6系統搭載。出力はXLRバランス(メイン)を1系統、テープ出力を1系統搭載する。ヘッドホン出力も備えている。メイン出力はHigh/Lowの切り替えによってパワーアンプとのマッチングを図ることができる。

背面端子部

また、本機はオプションモジュールを搭載できるスロットを1系統搭載。オプションモジュール1基の価格は本体に含まれており、購入時に4種類のモジュールから1つを選択する。

用意されているモジュールは、ライン入力(アンバランスRCA9)、MCフォノ入力(バランスXLR)、MMフォノ入力(バランスXLR)、デジタル入力(USB/同軸デジタル)の4種類。換装用のオプションモジュールの単体価格は490,000円(1個/税抜)となる。

フォノモジュールはいずれも入力感度、入力インピーダンス、出力ゲインの切り替えが可能。サブソニックフィルターのオン/オフも行える。デジタル入力モジュールは192kHzまで対応。96kHzまたは192kHzのアップサンプリングが選択できる。

入力ごとに設定を保存することも可能。左右バランスボリューム、バランス入力の位相反転、初期ボリューム、入力感度(-6dB〜+12dB)、入力ソースの名称を保存しておくことができる。

周波数特性は10Hz〜150kHz、入力インピーダンスは11kΩ、出力インピーダンスは230Ω、最大出力は23.7V、S/Nは107dB以上、消費電力は45W(スタンバイ時2.7W)。外形寸法は482W×95H×345Dmm、質量は9.0kg。

新着記事を見る
  • ジャンルプリアンプ
  • ブランドBURMESTER
  • 型番088
  • 発売日2017年9月8日
  • 価格2,850,000円(税抜)
  • ジャンルプリアンプ
  • ブランドBURMESTER
  • 型番088
  • 発売日2017年9月8日
  • 価格2,850,000円(税抜)

関連記事